まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノラニンジン

ノラニンジン トップ
セリ科 ニンジン属
123456789101112

Daucus carota L. subsp. sativus (Hoffm.) Arcang.
改め
Daucus carota L. subsp. carota
とのことになった模様

花は3mmから6mm程度、開いてから花弁がよく伸びて拡がるため時期により大きさの変化が大きいので示しづらい。草丈は80cmから1.5m程度。
花序がはっきりと白くわりと高密度で草薮で丈高く育っていて、しかも大きいのでかなり目立っている。葉や茎等全体の色は少し薄めで明るいので、全体にふわっとした色合いになる。触れると、花序軸や茎のほとんど開出した剛毛がつんつんする。
やたらしっかり硬い茎だがひょろっと斜上してよく揺れるので、風がよく吹く場所では思いのほか撮影しづらい。しかも夏の晴天の下に咲くためあっさり白飛びするのも辛い。(花が白く飛ばないようアンダーにして撮影すると他の部分の色が実際より濃くなりすぎるので、また困る。透明クリアケース等を花部にかざして微遮光するとまぁ何とかなるが、全景・遠景写真では届かないので無理。)

学名を見ての通り…ニンジンとは種レベル(Daucus carota L.)までは同一だがあくまで別々の亜種である。

全景の様子

ノラニンジン 全景 ノラニンジン 全景 ノラニンジン 全景 ノラニンジン 全景
ひょろっと立った茎の先に花がよく密集した花序をいくつもつけていて、随分目立つ。草薮から頭一つ分飛び出ている個体も多い。

花序と花の様子

ノラニンジン 花序 ノラニンジン 総苞
花序は浅めで球の上1/4程度の形状で直径8cm程度。複集散花序で、多数の皿状に広がった小花序をつけ、裏側が見えにくい。
総苞は線形裂片が2対ある整奇数羽状全裂で筋が黄緑で身が濃緑でほとんど葉状で、総苞葉と言えると思われる。小総苞は1対で同様だが色合いが薄めで明るく薄黄緑が強く、濃緑の部分はあまりない。どちらもやや上面側にテーパード。
花柄は基部側から色が薄く先端に向けて更に薄く明るくなり、小花柄は更に薄く明るい生成り色で花と色差が小さい。
ノラニンジン 蕾 ノラニンジン 花 花弁は5枚あり、全て2裂して裂片は円頭独特のバランスで、花序の外周側の1枚が大きくて深めの整った形で、その左右の2枚は外寄りと内寄りの裂片のサイズが極端に異なり、花序中心側の花弁2枚は小さくて、逆に外周寄りの裂片の方が小さい。
子房部がやや薄黄緑だが他はオシベの花糸、葯とも白で造形を掴みづらい。

葉と茎の様子

ノラニンジン 葉 ノラニンジン 茎 葉は葉柄基部付近についた左右のひれの先ですぐ小葉を出す二回羽状複葉軸や葉は裏に開出した直毛が密で、触ると結構気になる。
茎にはやや下に向いたほぼ開出する白っぽい剛毛がかなり多数生え、手触り以前に極端に目立つ。何となくちょうど触りたくない具合。下部から中部では、赤紫に染まる筋が多数あり、節の上辺りは筋以外も赤紫に染まり気味。上部では紫味はほとんどない。

果実の様子

ノラニンジン 果実 ノラニンジン 果実 ノラニンジン 果実 花柄、小花柄とも湾曲して持ち上がって椀状になり、果実が膨らんで隙間もなくなり、独特の薄めの若草色の鳥の巣のようになる。丈も高い上に面白いので、歩いていると目につく。
白っぽい太い針状の直剛毛は太く長くなり、荒々しい感じになる。


花確認:
2009(F6)(F7)
実確認:
2009(C7)

宮城県版のニンジン属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。