まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アカメガシワ

アカメガシワ トップ
トウダイグサ科 アカメガシワ属
123456789101112

Mallotus japonicus (L.f.) Müll.Arg.

雌雄異株で、雌株の花序の長さは短めで10cm程度、メシベの柱頭の長さが6mm程度。雄株の花序は長く華やかでよく分かれ20cm程度。ウニのようになった花は径1cm程度。樹高は3mから5m程度が多いか。よく刈られるのでまちまち。
花序の軸や葉等各所が白い粉っぽい
よく横方向にしっかりした枝を伸ばす葉柄も長い。その上、道路脇やコンクリートの隙間等からもよく育っていて、結構邪魔になる木。そのため以前見たものを再訪すると結構な確率で刈られていたりする。
雌株の花序はシンプルでかなり本数の少ない複総状花序(「円錐花序」とも呼ばれる花序の種類だが、こういった形態だと「複総状花序」という言葉の方が相応しい感じ。)
雄株の花序はかなりよく分かれそれぞれも随分長いので、目立つ。
ミツバチとクロオオアリが多い。蟻はともかく蜂には注意。この花ではスズメバチ等は見かけない。

雌株の雌花序・雌花の様子

アカメガシワ 雌花 アカメガシワ 雌花 雄花と比べるとずっと地味で目立たない。倒卵体の小さな子房部の先に3本になったメシベ柱頭を出したシンプルな花が集まっている。柱頭は段々紅色になる。

雄株の雄花序・雄花の様子

アカメガシワ 雄花 アカメガシワ 雄花 多数の明るい色のオシベを放射させかなりきれい。雌花同様花弁はないのだが、葉色が灰桃から灰紅と濃い灰緑とでなるためこの程度の花でも遠くからでも随分目立つ。

葉と茎の様子

アカメガシワ 葉 アカメガシワ 葉の腺 アカメガシワ 葉の腺と星状毛
卵形から広卵形ベースに円形から浅心形の基部で先端はよく尖る。20cmから30cm程度になる。よく三つに裂け、間は円形に窪む。3端ともよく尖る場合が多い。鋸歯はない。
若い葉は紅色から灰紅色で段々渋い灰緑になる。脈は目立つ。基部から左右に出ている脈からだけ、外側に横向きに並んだ脈が目立つ
基部の最外の脈より外側に左右ひとつずつの腺がある。
葉の表面に多数生える毛は、星状毛(分岐毛)
アカメガシワ 茎 茎は赤味が強め。

果実の様子

アカメガシワ 若い果実 アカメガシワ 若い果実 アカメガシワ 果実
膨らんできた子房にはいつの間にやらくねくねした棘が多数。ちょっぴり気持ち悪いが、なるほどトウダイグサらしい果実。秋から冬には花序の基部辺りからぽろっと丸ごと取れ落ちて降ってくる。
3つに裂開した果実の中に整った楕円体の黒い種子が3つ

花確認:
2007(F6)
2009(F6)(F7)(F8)
実確認:
2007(C12)
2009(C8)

宮城県版のアカメガシワ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。