まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ウスゲチョウジタデ

ウスゲチョウジタデ トップ
アカバナ科 チョウジタデ属
123456789101112

Ludwigia epilobioides Maxim. subsp. greatrexii (H.Hara) Raven

チョウジタデの亜種とされている。
花は径6.5mmから1cm程度、株内でまちまち。草丈は40cmから60cm程度、あまり直立はせずくねくねしたり多少もたれたりする。
葉は下の方でもそれほど大きくない。
葉腋から長い子房の花をひとつ着けるが、同じ葉腋から出す枝が短枝状に詰まって多数の花が着いているように見える部分もある。葉質は鈍い光沢があり側脈が目立つ。きれいに整った葉形がきれい。
湧水のある湿地の葦原の縁にて。(道路脇。)

基本種のチョウジタデと異なり花弁が5枚の花が多い。また、花床には花弁基部の位置にある蜜腺の周囲にちょうど蜜腺を包み込むように長白軟毛が密生する。果実内での種子の並び方も異なる。
全草、基本的には青々としている。

全景の様子

ウスゲチョウジタデ 全景 ウスゲチョウジタデ 全景 ウスゲチョウジタデ 全景 せっかく長い下位子房を持つがあまり外側には出てこないで茎に沿った感じに上に伸びているので葉の陰に収まり気味で撮影しづらい。

花の様子・蜜腺周囲の毛

ウスゲチョウジタデ 花 ウスゲチョウジタデ 花 ウスゲチョウジタデ 花の拡大 花弁はチョウジタデと比べかなり広く、広楕円形か広倒卵形。サイズも大きめの場合が多いため少し華やかとはいえるが、それでも大きい花でも1cm程度でそれほど目立つわけではない。先端はやや鈍い。基部側は摘んだようにやや柄状。中央脈が目立つが、それ以外は2、3対の平行に斜めに出ている側脈が少し目立つ程度。
花床の、ちょうど花弁基部の位置に丸く蜜の浮いた蜜腺があり、その周囲を丸く取り巻いて蜜を包むように長白軟毛が密生する。
萼片は花弁先端と同程度の位置で摘んだような三角形。縁に斜上毛があるが微細でほとんど分からない。花弁同様、4片や6片になる。

ウスゲチョウジタデ 6弁の花 基本的に花弁は5枚だが、株内に4枚や6枚の花がほぼ確実に混じる。

葉と茎の様子

ウスゲチョウジタデ 葉 ウスゲチョウジタデ 茎 互生する。整った披針形で、先もしっかり細まるが頂点は鈍い側脈が縁の内側を葉形に沿っていて、主脈と側脈がしっかり窪みかなり目立つので立体感が強い。鈍い光沢がある。裏側は葉柄を含め前方に伏した白い微毛・短毛がかなり生えるが、それほど目立たない。表面では、若い葉の基部側で多少毛が見られる程度。
葉は斜めに出てから急に屈曲し茎に沿ってから横向きになるので、上から見ると無柄で横から見るとはっきりとした葉柄があるように見える。茎に沿っている部分は一応葉柄のようだが、葉身が基部ぎりぎりの一歩手前くらいまで続いている葉も多い。
茎にははっきりした稜がありわずかに平たく浮き上がるがひれ状にはなっていない。稜はゆっくりと捩れている。稜上をメインに、斜上する微毛が見られるが目立たない。

花後と若い果実の様子

ウスゲチョウジタデ 花後 ウスゲチョウジタデ 若い果実 蜜腺周囲の毛はこの段階のものを見ると分かりやすい。

晩秋頃の草姿と熟して色の変わった果実の様子と、比較参考用のイヌタデ

ウスゲチョウジタデ 紅葉した葉 ウスゲチョウジタデ 紅葉した葉 ウスゲチョウジタデ 紅葉した草姿 イヌタデ 紅葉した草姿
ぽこぽこと種子の凹凸が見えるつやのある果実がくねくね目立ってちょっと不気味だが、全草が若草色を通りやや濃く渋い紅色に変わっていく色味はなかなか美しい。しかもすぐ隣に一緒に生えているイヌタデ(4枚目の写真)と比較してみると、全く同じ色合い(若草色も紅色も。)
普段の姿は「これの何がタデか」というところなのだが、この時期にこう一緒に生えているのをまじまじと見るとタデっぽいなぁと思ってしまう。


花確認:
2009(F8)
実確認:
2009(C10)

宮城県版のチョウジタデ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。