まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

シャクチリソバ

シャクチリソバ トップ
タデ科 ソバ属
123456789101112

Fagopyrum cymosum Meisn.

花は5.5mmから6.5mm程度、這い性がやや強い場合が多く全長50cmから1.2m程度、たまに更に長い。先端が湾曲斜上する。(環境に拠るが斜上ないし這い気味に育ち、先端だけ立つ場合が多い。)
ソバの方は直立分枝のスタイルが多く印象が異なる。
白い花弁状の萼が目立ち、日の光に眩しい。(つまりは撮影が困難。)
タデ科の他の草と比べると随分大きめで目立つ花。上部は葉腋からシンプルな総状花序を出す形の部分もあるが基本的にもっと賑やかな複総状で、花序内の枝は大部分が二股か三股に出ている。それぞれの総状花序が横に倒れ気味で短いので、頂点は一見皿状に平らに見える
花序を裏から見るか花がない果実の時期に見ると、各花にははっきりとした卵状披針形の細い苞がついている。
多年草で、放置すると株が大きくなり高密度に殖える。

なお、蜜が多くてよく蜂がいるので近寄る前にまず様子を見ること。

周辺と全景

シャクチリソバ 周辺 シャクチリソバ 周辺
シャクチリソバ 全景 シャクチリソバ 花序 シャクチリソバ 花序
周辺ではこれまでほとんど見られなかったが、とある工事用の砂利・石材置き場から大量に広がっていて、年々拡大の一途。乾燥や直射日光、吹きさらしにも普通に耐えるようで強く、更にこの場所は川沿いでしかも新しく大通りができたため、数年もすれば周辺中で蔓延する可能性が高い。

花序と花の様子

シャクチリソバ 花序 シャクチリソバ 花序裏
シャクチリソバ 花序 シャクチリソバ 花の苞 花序の塊のそれぞれの花序は短い総状で、せいぜい10花程度がつく。花柄ははっきり長く、その下に卵状披針形でやや横が巻き込んだ細身で緑の苞があるが、苞の縁部分は褐色気味の半透明
塊の中の総状花序は3から5本程度が多い。

シャクチリソバ 花柄の上面 花序内では主に上面に基部向きに半ば伏した、列毛が帯状に生える。

シャクチリソバ 花 シャクチリソバ 花 シャクチリソバ 花
5枚の萼片は形状が異なり、2枚が倒卵形で他が狭卵形気味になっている場合が多い。倒卵形のものは先が切れ込んでいるものも結構見られる。基部側は菱形状に黄緑か薄緑になっている。
中央の奥に黄色い頭でっかちの黄色い蜜腺が8本(本?)あり、その間からオシベが出ている。葯は紅色で、近づくと目立つ。黄緑の子房からは白い花柱が伸び、更に先端で3本に分かれて長く伸び、先端に丸っこい柱頭がある。分かれた部分はかなり長いため、花を横から見ると相当突き出している。くるんと外に巻き気味。

葉と茎・托葉鞘の様子

シャクチリソバ 葉 シャクチリソバ 葉 シャクチリソバ 葉 シャクチリソバ 葉
シャクチリソバ 葉 シャクチリソバ 葉裏の拡大 葉は三角形をベースにして左右辺が湾曲して膨らみ先端が摘んだように伸びる、三角形を少し膨らませたような形状で、ソバとの比較では三角形と呼ばれる場合が多い。画像は、その膨らんだものから細い三角形までの色々。なお、ソバの五角形はこのシャクチリソバの縁湾曲が更に強くなってホームベースのような形で少し広めな印象。と言っても、どちらの種類も葉形のバリエーションが多様なので正直葉形では二分できない。注意。
太い葉脈の基点である葉柄がつく部分周辺は強い赤紫に染まる。
思いのほか葉柄は長い。葉は触ると薄い質ではあるがややごわごわしていて無骨で、直射にも強い。波打ったり立体感が強い。場所により濃緑のものから黄色っぽくなるものまであり、環境に適応しつつしぶとく生育するのだろう。

シャクチリソバ 茎 シャクチリソバ 茎 シャクチリソバ 托葉鞘 シャクチリソバ 茎
葉柄の上面には白い短軟毛がある。また、茎には葉の出ている部分の真上から次の節まで半ば下向きの短軟毛が帯状に生える。花序軸でも同様、ただし花序軸では帯は明確ではなく、全体的に生える場合も多い。
托葉鞘は白い部分と茶色い先端部分がはっきりしたぎざぎざの塗り分けで混じらず分かれる。先端はしっかり切ったように真っ直ぐになっていて、剛毛が出ていたりしないでシンプル。
シャクチリソバ 花序直下の葉の柄 単純な花序が集まって複合花序になっている頂点部分の下すぐの葉にも柄がしっかりある。(この柄は軸に沿って張り付いて上に向かっているため分かりづらいが。)

果実の様子

シャクチリソバ 花と若い果実 シャクチリソバ 花と若い果実 シャクチリソバ 若い果実 シャクチリソバ 若い果実
シャクチリソバ 果実 シャクチリソバ 果実の時期 シャクチリソバ 熟した果実
シャクチリソバ 果実 シャクチリソバ 先端から見た痩果 シャクチリソバ 果実
果実がよく膨らむ上に花の軸が弱ると下垂するので、ころんとしてかわいらしい。やがてぽろっと取れ落ちる。
赤褐色気味の黒褐色。ぱっと見黒に見えるくらいにもなる。
痩果で、長さ8mmから1cm程度あり大きく、強い3稜がある水滴形で、膨れがないので断面は直線的な正三角形になる。花期よりだいぶ大きくなるため、タデ科の他の仲間のように花被片に包まれることはない。花被片は後部にくしゃくしゃになってしばらくついている。
よく膨らんだものの表面を見ると、主に横方向に伸びる筋状にざらざらで、平滑ではなくつやもない。
縁は極端に角ばっていて、たまにやや翼状。
果皮は厚みのある硬めの殻で、熟して乾燥するとかなり割りづらくなる。普通のゴム製の靴でアスファルトに落ちている実を踏むとゴムが裂けたりするので、注意。(自転車も注意。)

花確認:
2006(F12)
2009(F10)
2011(F10)(F11)
実確認:
2006(C12)
2009(C10)
2011(C10)(C11)

宮城県版のソバ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。