まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

(モト)タカサブロウ

(モト)タカサブロウ トップ
キク科 タカサブロウ属
123456789101112

Eclipta thermalis Bunge

頭花は花期1cmから1.3cm程度。下部で這う部分もちゃんとあるが普通に見ると直立気味で、直立部分で高さ20cmから30cm程度。よく分枝する。葉は対生果実期の頭花部は皿状に大きく広がって目立つ。上から見ると眼のような形の痩果が多数並んでいるので大きいとちょっと気持ち悪い。
とある場所では、水田の間のよく湿った細い畦部に多数見られアメリカタカサブロウの方が見られないのだが、実はそこまで行くのは結構遠い。…。エリア近郊にはそもそも水田がなく畑ばかりなので今のところそばで見つけていない。ただし小さい川のそばの畑の間には通年湿りがちな場所はあるので探せば見つかる可能性はある。
枯れて行くと葉、茎等全体が、紫が入りつつ黒変する。

全景の様子

(モト)タカサブロウ 全景 撮りたい部分がおよそ直立しているので下向きに撮らずに済むので多少は背景をぼかせるので、画質を維持したまま掲載可能。容量を抑えて何とかしたいこのぷち図鑑にとってありがたいことだ。
左右の葉は180度背中合わせにならず少し角度があり140度から160度程度になり、その角と逆になるように1か2頭花を一方の葉腋から出す。よく分枝するが二花を出す葉腋の逆の葉腋で側枝を出す部分はなさそう。
頭花の柄は太く、結構長い。

頭花の様子

(モト)タカサブロウ 頭花 他のキク科と何か印象が違うなとは思っていたが、よく見ると筒状花は先端が5裂の星型ではなく4裂。咲いている筒状花は白なのだがまだ咲いていない中央部の小花の蕾は薄い白緑。筒状花の表面には上に向かう半透明の毛が見られる。肉眼ではほとんど分からないが。
周囲の舌状花ははっきり白で、細い帯のような状態で多数あり、多少ぼさぼさした印象。舌状花冠は総苞片よりだいぶ短いので、この写真のように冬期にかかったものは若草色と赤紫が混じった渋い総苞片と白がうまく作用して何だかいい感じ。
総苞片は先端の方で左右辺がやや丸味のある太身なシルエット。先端そのものは尖る。アメリカタカサブロウでは先端側は細い三角形に近く辺が膨らんでカーブしていないものが多い。
総苞片の表に来る(咲いていると下面)側の白い毛は傾向としては多く生え、アメリカタカサブロウより毛深い印象。
頭花の中を(痩果の時期に)よく見ると針状の苞が各小花にあるのが分かる。これを更によく見ると斜上する棘が多数ある。
頭花は花期には総苞が頭花を包むようになっているのでティーカップ状で、果実期とはシルエットが異なる。

葉と茎の様子

(モト)タカサブロウ 葉 (モト)タカサブロウ 葉 (モト)タカサブロウ 葉
(モト)タカサブロウ 茎 (モト)タカサブロウ 茎 葉は細かったり太かったり結構まちまちなのでアメリカタカサブロウと明確に異なるというよりは太いものがちょこちょこある傾向があるというレベル。比較すればやや膨らみが大きく感じる。縁は全縁が多いがたまに目立たない鋸歯が数対あるのだが、鋸歯先端が内に返るように曲がっているので目立たない。基部寄りの縁はややだぶついて波打っている。
葉表面には白い短軟毛の直毛が伏して散生している。密度が結構整っている。中央脈はしっかり目立つがそれ以外はやや不明瞭。
葉柄はなく、対生する。
茎は鈍くやや薄い赤褐色で桃系にアンバーが被った感じで、やや肉色っぽいといったところか。基部付近で急激に屈曲して上に伏した白い短軟毛が散生する。絶妙な密度なので結構目立つ。

果実期の頭花部と痩果の様子

(モト)タカサブロウ 果実 (モト)タカサブロウ 果実 (モト)タカサブロウ 果実 (モト)タカサブロウ 果実の拡大 (モト)タカサブロウ 果実の拡大
果実の時期には頭花は平たく大きくなり皿のようというか総苞片が開いて太陽のよう。1.5cmから1.8cm程度ある。
痩果は長さ2.5mm程度でアメリカタカサブロウより大きい。上から見た状態で両凸レンズの断面というか人間の眼(の、見えている部分)の形状。花冠が接続する部分はほぼ正円でリング状に目立ち目玉部分のよう。上部はほぼ面になり、白い軟毛が結構生えている。と言っても0.5mmもないので肉眼ではほとんど目立たない。多くは中央に向けて寝ている。
側面は扁平で縁ははっきりとしたほぼ平坦面の鈍い厚刃状の部分があり(翼状と呼ばれる)その分シルエットがアメリカタカサブロウと異なり、結果、アメリカタカサブロウの幅の3倍程度になっている。この部分の上部は角が弱くやや丸い。張り切って膨らんだ面部分の中央ではいびつないぼ状突起が不規則だがやや列を成し気味にいくつもある。
痩果上部は色が濃い目だが側面は少し明るい褐色なので、ほとんど黒に近いアメリカタカサブロウと異なる。撮影時の都合で背景の色が絶妙に最悪なので、加工して背景を飛ばしたものを用意した。最後の画像でマウスオンすると切り替わる。

花確認:
2009(F11)
実確認:
2009(C11)

宮城県版のタカサブロウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。