まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

シロバナマンテマ

シロバナマンテマ トップ
ナデシコ科
マンテマ属
Silene gallica L. var. gallica

花は径7mmから8mm程度。草丈は高さ15cmから40cm程度だが湾曲斜上するため実際の長さはもっと長い。環境が良いと全長で80cm程度ある場合もわりと多い。下部でよく分枝し、ひょろひょろと伸びている。風によく揺れて撮影しづらい。
小さい花だが群生するので、やや目立つ。
シロバナとつくものの、実際には、周辺では白は見られない上、同一群落内での花色のバリエーションは多彩。
長い軟毛が取り巻くせいか、寒さにそれほど弱くはない模様。一応春のものだが周辺では場所にもよるがほとんど通年に近い開花状況。
萼の先端・萼の筋部分・葉の先端・節周辺、が渋く濃い赤紫に染まり、結構アクセントになっている。これがないとだいぶ印象が変わる。

広義マンテマ:Silene gallica L.
狭義マンテマ:Silene gallica L. var. quinquevulnera (L.) W.D.J.Koch
シロバナマンテマ:Silene gallica L. var. gallica
ということで、学名上の母種というか基準の種はシロバナマンテマとなっている。
毛のないすべすべしたものはイタリーマンテマ(Silene gallica L. var. giraldii (Gussone) S.M.Walters)と呼ばれるが、今のところ見本園以外ではまだ見たことはない。

ホザキマンテマのこと

ネットでは…ほぼ日本限定で、この写真の植物をSilene dichotomaつまりホザキマンテマとしているサイトが多い
海外のサイトではそうでもないことから、どこかの図鑑等が最初の影響元だと思われる。(後はそれを基にしたネットのサイトのうち影響の大きいところから一気に他の人も倣ったものかと。)
しかも、せっかくシロバナマンテマとしていたものをホザキマンテマに改めているサイトもわりと多い。…。
ホザキマンテマは花弁が強く深く切れ込んでいて、外から見える部分だけでは狭いV字(実際の花弁基部からだと狭いY字)で、しかも花柱が強く外に飛び出ている。サイズや毛深さは同じようなものかもしれないが、そもそもの花が似ていない。
なお、ホザキマンテマにはフタマタマンテマの別名もあるが、英語でForked Catchflyと呼ばれているのを和名として「訳」したものと思われる。そもそも近縁種がどれも枝分かれをよくするので海外での元々の意図では枝分かれのことではなく「深く裂けた花弁の形状のこと」と思われるが、日本でその言葉から和名をつけた人がどちらだと思って「訳」したかは分からない。
とりあえず、Googleイメージを表示して、このうち日本人のものを見ないようにして確認するとよい。
また、http://luirig.altervista.org/schedeit2/pz/silene_dichotoma.htmにはドイツの彩色画や北米の線画が掲載されている。

早い時期のまだ小さめの個体

シロバナマンテマ 全景 それほど伸びていない状態ではこのような感じ。よく育って時期も後期にさしかかる頃にはこれと印象が変わる。

盛りの頃の全景の様子

シロバナマンテマ 全景 シロバナマンテマ 花序 シロバナマンテマ 全景 シロバナマンテマ 全景
ひょろっと伸びた時期には花同士の間隔が空いて随分すっきりしてしまう。揺れる上に細く、小さいので、コンパクトカメラのシンプルなコントラスト検出方式のAFでは、引きの絵の撮影でピント合わせがうまく行かず大変だったりする。

花序と花の様子

シロバナマンテマ 花序 シロバナマンテマ 花序 シロバナマンテマ 花序 葉腋から一花ずつついている。
花は互い違いに何度かずれてやや一方に偏って向いて咲く。地形・建物の都合等で一日のうちの日の当たる方向が限られている場合、花は日の方にむいていることが多い。

シロバナマンテマ 花 シロバナマンテマ 花 シロバナマンテマ 花の拡大 シロバナマンテマ 花
花弁の縁は白く滲んだ縁取りになっている。
花全体があまり整っていないのだが、花弁も捩れていたり整わない。ヘラのようにかなり細長い。先端は不整にいくつかに低めに切れ込んでいる。
花弁の、水平に開いている部分のうちの先端側3/4程度がピンクで、それより内側はクリーム色から白色。
花の中央部には、奥が白緑で先端側がクリーム色から白色の長楕円形の付属体が一花弁につき一対(2枚)あり、どれも先端が不整に強くぎざぎざに切れ込んでいる。
メシベは見えず、オシベは開花後時間経過とともに伸びて飛び出してくる。花糸は白く、葯は棒のように細長く濃い藍色で一見黒に近い。花粉はほぼ白。
萼は長細く、花期には少しだけ基部側が太い程度。6mm、7mmある極端に長く白い軟毛が密生し目立つ

葉の様子

シロバナマンテマ 下部の葉 シロバナマンテマ 中部の葉 シロバナマンテマ 上部の葉 シロバナマンテマ 葉裏 蕾
上段は下部から上部への葉形の変化。基本的にサジ形から狭い長楕円になり披針形になる。より上部では線形。基部は円形から心形。上部ほど先端の尖り具合が強い(下部では円頭)。
下部の葉は5cm以上になるものもある。
下段は葉裏の様子(ついでに蕾)。上面にも毛が多いが、縁と葉裏脈上には長白軟毛が顕著毛の生えない隆起した筋があり、ここを中心に渋く濃い赤紫に染まっている場合が多い。

果実期の様子と果実

シロバナマンテマ 果実 シロバナマンテマ 割けた果実 シロバナマンテマ 裂開した蒴果 シロバナマンテマ 裂開した蒴果の拡大
花期から段々膨らむ。長さ1cmから1.3cm程度。長い毛だらけのよく膨らんだ萼がちょっぴり気持ち悪い。はっきり中太りするものの先端が窄まったままの萼で、先端で少しだけ蒴果本体が覗いていて、ここの先部分だけ割けて種子をこぼす
シロバナマンテマ 蒴果が乾いた時期の全景 シロバナマンテマ 乾いた蒴果 乾くとこのような明るい色になる。萼は既に萎れて枯れ取れ落ちるか萎びてまとわりつき、蒴果本体が露出しているものが多くなっている。

幼生期の様子

シロバナマンテマ 幼生期 シロバナマンテマ 幼生株 葉柄のないヘラ形で先端は丸い葉は表裏ともに白い長い軟毛が密生、茎も同様に毛に覆われる。放射状に分枝して地を這って、先端だけが持ち上がっている。

同一群落で近接して生える個体の色バリエーション

シロバナマンテマ 全景 シロバナマンテマ 全景 シロバナマンテマ 全景 同じ法面で仲良く咲きまくっていた色々な濃さのもの(※ただし千葉県ではなく宮城県のニュータウン内)。一番右のものはピンクではなく紅が入っている。


花確認:
2006(F4)(F5)
2007(F3)(F4)
2008(F2)(F3)(F4)(F6)(F11)(F12)
2009(F1)(F2)(F3)(F4)
2011(F1)(F2)(F3)(F4)
2013(F2)(F3)
実確認:
2008(C2)
2009(C1)(C2)(C3)(C4)
2011(C2)(C3)(C4)

宮城県版のマンテマ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。