まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

クサボケ

クサボケ トップ
バラ科 ボケ属
123456789101112

Chaenomeles japonica (Thunb.) Lindl. ex Spach

花は大抵は丸っこい中途半端な咲き具合で径3cm程度。樹高は低く、大抵30cmから50cm程度。直立性が高く、よく分枝はするが開出角は狭い。
高密度になっている個体が多め。
枯葉ばかりで笹程度が緑になったくらいの春の明るい林の中にちょこちょこと生え、朱色から橙の花をつけ、結構目立つ。
「棘」状になっている小枝は、見た時にある場合もない場合もあるので注意。
黒っぽいミツバチ類がよく訪れていた。(種類不明。)

全景と主な印象・幹

クサボケ 全景 クサボケ 全景 クサボケ 全景 分枝は多いが開出角が狭く多くの部分は直立気味。花数は結構多い。
一見ほとんどが直上して見えるのは…幹の多くが、地上を這うか地下茎になっているために横向きに伸びていて、枝がそこから出るのでわりと上にぴんぴん伸びているからだろう。

蕾と花の様子

クサボケ 蕾 クサボケ 蕾と花 クサボケ 花 クサボケ 花
クサボケ 花横から 花は花弁がぱっと見で広卵形から広円形で基部側が長くはっきりした柄状になり5枚あるため、隙間がきれいな梅花模様になって面白い。
花弁は皿状の立体で丸みが出ているため開ききっても全体に多少丸みが出ているものが多い。
子房下位で、くびれがあって二段になっている。すべすべで印象的。よく見ると、花柄がちゃんとある。
オシベ花糸もメシベ花柱も橙。
萼片は赤くなり、花弁の隙間から覗いている小さな皿状の丸いもので、花弁がなくなっても梅花型になるので面白い。

クサボケ シベの花弁化 ついでに、オシベが一部弁花した花。

枝と葉の様子

クサボケ 葉 クサボケ 葉 クサボケ 茎と葉 枝には細かい小さないぼいぼが見られざらざら。
葉は主に倒卵形か長楕円でシャモジのように葉身が柄のようになって細く続く。鋸歯は一見のシルエットは円鋸歯状でよく見ると先端の尖った部分が丸く内に湾曲している。葉の先端は基本的に丸っこい。
花の時期に少し遅れて出てくる葉の葉縁や葉柄、中央脈等は渋い赤紫。

刺状の短枝の様子

クサボケ 刺状の短枝 同じ枝(というか幹というか)の下部と上部。まだある程度残っていた。


花確認:
2010(F3)
2013(F4)

宮城県版のボケ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。