まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

キクラゲ

キクラゲ トップ
キクラゲ科 キクラゲ属
123456789101112

Auricularia auricula

径3cmから4cm程度。ややぷるぷるはしていないこともないがタマキクラゲやヒメキクラゲと違い、しっかり形状を保つ
形状はまちまちだが、柄のほとんどない潰れた盃状のものが多い上面から見ると正円に近い。
立っている樹に生える場合は大抵傘状に見えるが盃がぐねっと垂れている状態で、見えている傘の表部分は天の部分ではない。
背面全体(=丸いとこ以外)に多少粉っぽい毛のようなものと粗い毛のようなものが見えるが、乾燥しない限りどちらもほとんど目立たない。
互いに癒着しないし、べとべと・ぬるぬるもしない。さわるとぶにぶに耳のような感じはあるが、似たような色のタマキクラゲと違ってゼリーのようにぐにょぐにょぷるぷるすることはない。
(なお、写真はどれも色が濃いめに渋く写っているが肉眼で見るともうちょっとふわっとした明るさ・色。)

全景の様子

キクラゲ 全景 キクラゲ 全景 立ち木でぐねっと下を向いているものは傘のようで結構かわいらしい。
あまり多数ついていると気持ち悪い感もあるが…食べ慣れているだけあって一応それでも親しみを感じる。(食べられる側にとってはたまったものではないだろうが。)
ちょっぴり乾いてきていて、ややしわしわにやつれている。エッジ部分や浮き出た部分なんかは黒っぽくなり始めている。エッジ部分は鈍く滑らか

キクラゲ 全景 だいぶ育ってしまってくたびれた感じのもの。

乾燥し始めたもの

キクラゲ 乾き始め全景 キクラゲ 乾き始め全景
一瞬他のキクラゲ類(科も越えて色々)かと思った。
乾燥の早い部分から黒っぽくなり、表面全体は灰色っぽい粉っぽさが目立つ。

光のアート

キクラゲ 全景 肉厚とはいえそれなりに透けるので、下から撮るときれい。


(花でも実でもないが、時期ということで両方に入れておく)
花確認:
2009(F4)
2011(F6)
実確認:
2009(C4)
2011(C6)

宮城県版のキクラゲ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。