まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

タチツボスミレ

タチツボスミレ トップ
スミレ科 スミレ属
123456789101112

Viola grypoceras A.Gray

花は正面からの横幅1.5cmから3.5cm程度、周辺では2.3cm程度が多い。
草丈はタイプによって異なるが、きっちり伸びて立っているものでは花期で20cmから25cm程度、花期にあまり茎が伸びずにいるもので8cmから15cm程度。
陽光地ではあまり伸びないものが多く、日陰ではよく伸びて育つが徒長した印象はあまりなくきっちり立っているものが多い。
花柄や葉等各所に毛がないのが普通。
どんな環境にでも生育し全国どこにでもあるためか形態は多様。各地で同じ姿をしているものが遺伝的にも同じような傾向なのかどうかは不明。
節毎の花柄以外に根生の花柄がある。

山陰型タチツボスミレやコタチツボスミレ等色々分ける考えもある。
ただ、この二つに単純に「形が該当する個体」は正直どこへ行っても色々なものと入り乱れて見られる。
この呼び方のものを「遺伝的な位置づけ」で判断するものであるなら確かに分けている意味自体はあるのだが、 そうなると、どこにでも見られる「形が該当する個体」の存在のため、形態では実際にどれであるかを判断することはできないものになると思う。
まぁ結局のところ、私には「タチツボスミレの、どういった形態のもの」という表現をすることしかできない。

全景の様子

タチツボスミレ 全景 タチツボスミレ 全景 タチツボスミレ 小型花の個体の全景 GW前くらいに出てくる葉は鋸歯が結構異なる。表面も結構ぼこぼこしている。写真では、まだ色が明るい新しく出ている葉がその形。本来の花期の葉は濃い色のもののような形で、写真で見て取れる通り小型。
右はちょっと変わった花。周辺の数株はかたまってこの花だったが、その周りは普通の花で普通の葉。毎年。

花の様子

タチツボスミレ 花の拡大 タチツボスミレ 花横(距・萼) タチツボスミレ 花拡大(シベ) 花は急激な開き方をしていなくてふわっと深くからよく開いているため、べたっと潰れたような印象はなく、また橙のオシベはよく見える。側弁に毛はない。
花弁は細いものからふんわり丸いものまでかなりまちまち。
唇弁の紫条は目立つものから目立たないものまで多様で色もわりと多様(濃い群青だったり赤紫だったり)だが縦の条ばかりで、横の条は左右縁付近の奥側で斜めに湾曲して開いていく模様以外はほとんどないのでシンプル。網の目状にはならない。
距は花弁の開いた部分の薄紫と同じような色かもっと赤紫寄りの色か、白、薄い白緑と多様
形状としては多くは斜めに弱く曲がってやや持ち上がっているが、真っ直ぐ後方に伸びているものからずんぐり短いもの、細くなるものから太くなるものまで、多様。
柱頭は途中おにぎり形にならず円柱形

葉と托葉の様子

タチツボスミレ 葉 タチツボスミレ 葉 タチツボスミレ 托葉 根生葉や初期の茎葉は横幅の広い、先端をわずかに摘んだような心形で、表面がのっぺりしていて鈍いつやがある、濃緑。鋸歯は弱いスリットがあるような程度に見え表面は脈でぼこぼこ窪まない


※4月も遅くなると最盛状態の多数の花とともに既に形や大きさの異なる葉(夏葉)が多数出ている個体が多い。特に栄養状態のよい林縁の明るい場所の土手等で見られる個体はそれが大抵。
この葉は結構大型のものもあり、わりと丸っこくなるタイプのものも半々程度の傾向で結構見られる。しかも表面は脈でぼこぼこ窪んでいて、鋸歯も荒く用語通りの「鋸歯」になっているため、他のスミレに見える。
この上で距が白いものだとオオタチツボスミレのように見える。
紫条の入り方と根生の花柄の有無等をきちんと見ていないと多分(私は)誤認するだろう。…。
托葉はベースが披針形で縁が櫛の歯状に細く長く裂けている。

距の白いもの

タチツボスミレ 全景 タチツボスミレ 花の拡大 タチツボスミレ 花の横
タチツボスミレ 葉 タチツボスミレ 托葉 これは距が白いもの。ほとんどどこでも、別の色のものと一緒に生え、薄赤紫のものと半々くらい。紫条や小型の根生葉の姿を葉を見て分かる通り、タチツボスミレ。
根生の花柄も確認した。

アカフタチツボスミレ

Viola grypoceras A.Gray f. variegata Nakai

アカフタチツボスミレ 全景 葉脈が赤紫のもの。単に品種(形態、forma。)レベル。
若い葉だけ染まっているものはわりとどこでも多いが、このように(※写りが悪いが。)ちゃんとすべての葉で染まりがあるものは、エリア周辺ではかたまって群落を作っていて他と一種にはないことが多い。
紫系の色素が過剰なのか、花色や茎色が少し濃い場合もある。(この群落では花色も茎色も普通の薄いもの。林内の北向き林縁付近にて。)


花確認:
2009(F3)(F4)
2010(F3)(F4)
2011(F4)
2011(F5)
実確認:
2010(C4)
2011(C5)(C6)

宮城県版のスミレ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。