まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

フデリンドウ

フデリンドウ トップ
リンドウ科 リンドウ属
123456789101112

Gentiana zollingeri Fawc.

花は径1cmから2cm程度、草丈は2cmから8cm程度。
短く這って途中から急激に直立した茎で、卵形で整った葉が寄り添ってわりと多数斜上してつき、かわいらしい花が頂生する。株により上部でたまに分枝し複数の花をつける。異様に花つきのよい個体もたまにある。
高さも、地べたに花が立っているだけに見えるようなものからはっきり長いものまである。
花は天気が良いと開き、曇っていると捩れて閉じていて、閉じた際に見えている部分が帯状に緑色や紫の掠れ模様で見えない部分とは塗り分けが異なるのが面白い。
なお、根生葉が見られないのは大きな特徴。

全景と周囲の様子

フデリンドウ 群落での様子 フデリンドウ 全景 道路脇の土手状の草地に結構な株数が見られたが、桃色の花を入れたいがために花の少ない部分を撮影することに。
これを撮影した場所は開発のさなかのエリアのため、各種の帰化植物とともにこういった在来種が咲いている。(このぷち図鑑がまたもや「失われた植物の記録」側にシフトしていく。)

色々な花の様子

フデリンドウ 花 フデリンドウ 花(やや後期) 上段の写真は、通常の花の咲き始めとしばらく経っているもの。左の写真の右の花の中を見ると、メシベは柱頭が閉じていて、周囲にオシベが捩れて巻き付いている。右の写真では柱頭部分がはっきり離れてそれぞれくつくるかなり巻いている。面白い。

フデリンドウ 桃色の花 フデリンドウ 薄色の花 中段は薄い色の花(ちょっと撮影に失敗したためあまり差が出ていないが、かなり異なる。)と、青味の全くないピンクの花。
同じ群落内に色々見られるので、一箇所でじっと見ていてもそれぞれの個性を感じられて楽しめる。
花冠は折り紙のようで山折り、谷折り、はっきり折り目がある。きれいに開閉を繰り返すための絶妙な形状なのだろう。
開いている部分より少し奥まで青紫の色があり、それより奥は白地に赤紫の細切れの筋模様がある。やや細身だがこの部分はまだ丸みがありふっくらとしたまま細くなる。それより奥で萼片の長さより基部側の途中で、急に細筒状になっている。
正面というか上から見れば一見、よく開いた花のようだが、この植物の高さになって横から見れば随分縦に長い花。筒のような窄まっている部分がかなり長い。
先端は、先がほぼひとつで尖る片(よく見れば微細な三裂ではある場合が多い)が5つあり、その間に、副片と言われる先がはっきりと3裂し中央が強く一見ひれのように山折りになっている5片がある。どの片の先端も摘んだように尾状のものが多い。
なお、メインの裂片と副片とのバランスで他と区別している方がいるようだが、バランスは個体毎に全く異なり、メインの方が大きいのが基本ではあるが同じサイズだったり副片の方が大きいものも多数見られる。逆に副「片」とはいえないような平らになったものもある。副片の形状なんかで区別できるようなものではない。

なお、桃色のものは同所に生育し土壌要因ではないので、個体の性質でアントシアニン系色素の生成能力に何らかの違い(※その「性質」が障害なのかどうかは不明。)が出ているのだろう。
植物好きの世界にはいちいち形態に対して名前をつけたがる人がいるようで、この色のものはトキイロフデリンドウ(Gentiana zollingeri Fawc. f. violascens Asai)という、色からは理解し難い名前がついている。(薄めの赤紫を鴇の色とする習慣があるようだが、そもそも鴇自体そんな色ではない。この写真はもちろん学名の品種(形態、forma。)部分「violascens」を見ても分かる通り、桃色系の薄い赤紫…。)

葉と茎の様子

フデリンドウ 葉と茎 茎は濃く渋い赤紫葉も裏面は縁以外が同じ色で、縁と表は若草色から渋い緑。
多少つやがありのっぺりして無毛、中央脈だけはっきり折れ、かなり目立つ。かなりきれいに整った卵形で、先ははっきり尖る。細かく見れば、縁はやや不整な波状。


花確認:
2009(F5)
2014(F4)

宮城県版のリンドウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。