まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ケキツネノボタン

ケキツネノボタン トップ
キンポウゲ科 キンポウゲ属
123456789101112

Ranunculus cantoniensis DC.

花は花径1.2cmから1.5cm程度、草丈は15cmから40cm程度。
花はタガラシよりは一回り大きいもののウマノアシガタよりかなり小さい。ウマノアシガタと比べると、上の方まで葉は大きく多いので、丈が高い個体でも見た目からずんぐりしっかりしている。
レモンイエローに近い黄色の太ヘラ状の花弁はニスのような光沢があり、基部側は蜜か何かが沁みている。
似た種類のキツネノボタンと比べれば葉の形状と付き方がかなり荒々しく、全草の色もくすんで明るい黄緑になる固体が多めで、やや異なる。
キツネノボタン(毛があるヤマキツネノボタンも含め。)と混生している場合も、本種の方が黄緑系になっている場合が多く、葉形以外でも遠目に区別できる個体が多い。
茎や葉縁には大量の白い毛が生える。
通常それなりの湿り気が必要な植物。林縁から照り付けの強い場所まで、湿り気さえあれば生育。

全景の様子

ケキツネノボタン 全景 ケキツネノボタン 全景

蕾と花の様子

ケキツネノボタン 蕾と花・萼 ケキツネノボタン 6弁の花 ケキツネノボタン 花 ケキツネノボタン 花
ケキツネノボタン 花後に向けて 小さいがきれいな花。中央は黄緑のつんつんしたメシベ群で、多数の柱頭が痛そう。
その周囲に多数のオシベがあり、オシベの葯は花糸をホットドッグのように花の中心側から挟み、更によく見ると左右それぞれが縦にホットドッグ状に裂けて黄色い花粉を出している。
先が丸いヘラのような花弁で、縦に伸びた脈が多数ある。花弁基部側が油染みのように蜜か何かが沁みているが、脈がある都合で沁み具合に差が出て王冠のようなぎざぎざ模様になっている。
花は咲き進むと次第に受粉した中央部分がどんどん膨れてきてオシベは外に拡がっていく。
萼は色が薄くややくすんだ黄緑。白い長軟毛が少しだけ生えている。

ケキツネノボタン 花後に向けて ケキツネノボタン 蜜腺の鱗片 メシベの先端の柱頭は花期には鉤状に下に曲がっている。
花弁基部には鱗片が被さっていて、奥に蜜腺がある。

葉と茎の様子

ケキツネノボタン 葉 ケキツネノボタン 葉
ケキツネノボタン 葉 ケキツネノボタン 葉 ケキツネノボタン 葉
葉は三出複葉で各小葉もやや深めに中裂する(頂小葉は三裂、側小葉は二裂か三裂)。鋸歯もはっきりしている。全体にキツネノボタンよりかなり鋭く荒々しい場合が多い。
葉裏と葉柄には開出気味の長い白毛が大量に生える。
下段右のような、ヤマキツネノボタンに近い葉も見られる。切れ込み方等はわりと多様。
弱いとい状の葉柄・小葉柄の左右稜状は渋い赤紫褐色に染まっている個体が多い。

ケキツネノボタン 茎 茎には白い開出毛が密生し、かなり毛深い。
下部、特に基部付近では密生し、やや下向きに生えてから曲がって開出しているのが普通。

果実の様子

ケキツネノボタン 果実 ケキツネノボタン 果実の拡大 明るい黄緑の集合果。
キツネノボタンとはよく似ていて、ウマノアシガタともまぁ似ている。
卵球体のとげとげした集合果で、熟すとぽろぽろ取れていく。
痩果は偏平だが少し膨れた倒卵形で、先端の宿存花柱部と基部側との両方が、片側に寄っている。
キツネノボタンは宿存花柱が強く湾曲するが、ケキツネノボタンは果実期には真っ直ぐな三角形状。
ただし傾向に過ぎない。
外周付近で段ができて縁取りになっている。

幼生株の様子

ケキツネノボタン 幼生株 ケキツネノボタン 幼生株 基本的に最初から葉は荒々しい。
色も渋い赤紫褐色とくすんだ黄緑で、毛も多くキツネノボタンとは結構異なる場合が多い。
托葉が合着したと思われる白っぽい膜質の楕円形の小片が一対葉柄基部に見られる。
幼生期には茎や葉柄に毛がほとんどなくキツネノボタンに近い個体も見られる。


花確認:
2006(F5)(F6)
2007(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)
2008(F4)(F5)(F8)(F9)
2009(F4)(F5)
2011(F4)
実確認:
2006(C5)(C6)
2007(C3)(C4)(C5)(C6)(C7)(C8)
2008(C4)(C5)(C8)(C9)
2009(C5)

宮城県版のキンポウゲ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。