まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノコンギク

ノコンギク トップ
キク科 シオン属
123456789101112

Aster microcephalus (Miq.) Franch. et Sav. var. ovatus (Franch. et Sav.) Soejima et Mot.Ito

花は頭花の径で1.5cmから2.5cm程度で中間の2cm程度が多く、同時期におよそ同所的に見られるカントウヨメナやユウガギクより小さい場合が多い。株内の頭花数はそれらより多い場合が普通。
草丈は40cmから80cm程度。
陽光地から林縁まで、やや湿った場所からわりと乾燥気味の場所まで広く生えている。荒れた場所でも生育している。
花色は薄紫で白っぽいものからかなり濃いものまである。極端に濃いタイプ以外ではカントウヨメナの薄紫よりもくすんだ薄紫で、色味は桃味が強め。
※今のところ、この図鑑の範囲である千葉県エリアでも追加図鑑の範囲である宮城県エリアでも最初から完全な白の個体は見たことがない。
全体の花つきがかなりよいのが普通で、かなり賑やかな円錐花序になる。
ひとつひとつの頭花がやや小さいのと相まって少しごちゃごちゃした感じになる場合が多い。
全体に短毛や微毛が多く粉っぽく感触もざらざら。

※頭花数が多いため、「いっぱい咲いている」状況の株では既に終わりかけている花が多数になり筒状花の色がくすんだものが多くなるため、どうしてもそういう色の花の印象。実際にはちゃんと最初は辛子色の鮮やかな筒状花である。

全景の様子

ノコンギク 周囲の様子 ノコンギク 全景 ノコンギク 全景 明るい草地にて。邪魔されないよう大抵しっかり立っている。質もしっかりしているのでひょろっとしてはいない。

ノコンギク 周囲の様子 ノコンギク 全景 ノコンギク 全景 こちらは少し薄暗くなった林縁のもの。明るい方へ倒れるように伸びているためみっともないが、質はしっかりしている。

花序周辺と頭花の拡大

ノコンギク 全景 ノコンギク 濃い目の色の花の時期 ノコンギク 濃い目の色の花の時期
舌状花の長さ・バランスは、咲き始めと最も展開している際と萎れる前とで変わるので、細長いものからずんぐりしたものまで見られる。また群落毎にも異なる。
色は咲き始めに濃いが段々薄くなるのが普通。最盛状態でも極端に濃い「コンギク」という園芸品種もあるが、私が出歩く野では二枚目・三枚目のように濃く咲き始め段々薄くなるものしか見られない。
(コンギク自体は、家のそばの畑脇でゴミ捨て場の裏に生育している。かつては畑の境界として「植えて」いたのだろうけれど、ゴミ捨て小屋が後からできたものと思われる。畑の中からはきれいに咲いているのが見えることだろう。)
ノコンギク 花ノコンギク 花序 ノコンギク 頭花に見える冠毛
舌状花の数は多かったり少なかったり群落毎にまちまちだが、一応、多めなのが普通。
冠毛が長いことが特徴で、花を横から見るだけで花期にも舌状花のすぐ内側の筒状花で薄めの褐色の冠毛が筒状花花冠の裂片部分くらいまで伸びている。
そもそも他の部分でも全体の印象でもよもやカントウヨメナやユウガギクと間違うようなことはないとは思うのだが、ここを見ればすぐにそれらと異なることが分かる。
花を割ったり毟ってちぎって確認する人がいるが、花以外でも分かる上に花でも横から見るだけで分かるものなのでやめて欲しい。

葉と茎の様子

ノコンギク 葉 ノコンギク 葉表面の毛 ノコンギク 葉裏
ノコンギク 葉 葉は狭卵形や披針形、太さがまちまち。重心は一応基部側寄り。鋸歯ははっきりしていて随分整った葉だと思う。鋸歯の形状はやや丸みがある程度のきれいな三角形で斜めに突き出す。基部側から先端側までまんべんなく、4、5対程度バランスよく配置される。
主脈側脈ははっきりしていて、基部より少し先で出る3脈が最も目立つのだが、シロヨメナのような極端な三行脈状にはならない。
葉が細いものが多いせいもあるのだろうが、縦方向に強く向かう傾向があり、しかも深く刻まれたようになるため葉質はかなり無骨でしわ深く見える。
表面にぷつぷつと短毛が密生しつやが全くなく、触るまでもなくざらざらした印象。
葉裏の脈状や縁には短毛が極端に密生
ざらつき以外に少し厚手でごわごわした感じがある。カントウヨメナやユウガギクと全く似つかぬ感触。
色合いは環境でまちまちだが濃い目。
基部は、下部以外では、少し葉柄状という程度。(下部でははっきり葉柄状の葉が多い。)
特にこれを好む虫がいるのか、葉の表面に白い跡がついている場合が非常に多い

ノコンギク 茎 茎には下部から上部まで屈曲した短毛が密生し一見してざらざらしている。触ればもちろんかなりざらざら。

果実期の様子

ノコンギク 果実の冠毛 ノコンギク 果実の冠毛 ノコンギク 果実の冠毛 ぽんぽんは1cm程度。
冠毛は赤味のあるはっきりした褐色で白く見えない。
かなり高密度で暑苦しい直毛で、狭倒卵形の黒っぽい痩果の上に軸なしで放射状の束として生えているため、より密集する。

おまけ

ノコンギク 暗い林縁 全景 林縁では刈られた後に生えてくるものがこのような寂しい姿になる場合が多い。(写真は分かりにくいが、地上部は二本別々。)
草地の場合は刈られた後で生えたものももう少し賑やか。
1頭花ずつ等、頭花が少数になる。
葉は短毛でざらざらで厚く、花は2cm程度で冠毛はとても長く花期にも横から見るだけで見える。それでも、いきなり見るとえ?何?と思うことはある。

おまけ

各種の花序周辺 図鑑エリアで見られる秋の野菊の印象をまとめて図示してみたもの。


花確認:
2010(F11)
2011(F10)(F11)
実確認:
2010(C11)(C12)
2011(C10)(C11)

宮城県版のシオン属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。