まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

キバナアキギリ

キバナアキギリ トップ
シソ科 アキギリ属
123456789101112

Salvia nipponica Miq.

(宮城県版に掲載があるが、メイン版の千葉でのエリアでも花を確認できたので掲載。)

花は幅8mmから1.2cm程度、長さ2cmから2.5cm程度、花期の草丈は15cmから30cm程度。果実期には伸びて40cm程度になっているものも多く見られる。
萼も大きく独特だが、花冠は船体を逆さにしたようなというか漫画の鯨の頭のように突き出た独特の上唇が面白い。シベの赤紫色がよいアクセント。
独特と言えば葉形もわりと面白いもので、太身のしっぽがかわいらしい。

林縁の日陰部、特に道脇の崩壊地や道の中央の草が少し溜まった部分に多い。陰になっているためレモン系のイエローの都合で青被りを取るのがかなり大変。フラッシュを使うと逆にオレンジっぽくなりそれも被りを取るのが大変(ディフューザを使用しないと白か黄色にのっぺりと飛ぶので注意。)。
花期には短めでしっかりしていることを考えるとそれほど揺れたりしないので、フラッシュで頑張るよりも三脚を使用して無発光で長めに露出した方がちゃんとした色になるのでお奨め。毛も多いので。(フラッシュだと毛が鬱陶しくなる。)

花序と花の様子

キバナアキギリ 花序 キバナアキギリ 花 何となく見ていると茎は1本だけの印象だが、実際には数本分枝しているのが普通。異様に多数枝を立てているものもある。
花付きがよくてブラシっぽく見えるものも多いが、大きめできれいな色なので花数が少ない方が可憐な感じがある。
大きな萼は二つに分かれて上に反るため大笑いしている感じ。先が裂けることはないのでシンプル。
萼表面と茎は白い開出長軟毛が密生する。
花冠の下唇は大きく広がって3つに分かれ、左右片は角丸四角で斜め前に出て垂れ、中央片はクビレの先で饅頭断面になっていてキノコ型。
顎が外れたように下に垂れている。
切れ込み部分に赤紫の点がついている場合があるが、模様ではなく上の長い方のオシベが湿気のある際に接触していると色が移る模様。
3裂片とも中央に畝がある。
上唇の逆さ船体は先が船形(カップ状)になっていて、上のオシベの大部分とメシベの途中までとがその中に隠れて沿っている。
メシベはそこから大きく突き出て釣り糸を垂れているような感じで赤紫?紫で目立つ。オシベの方は葯がわずかに覗いている程度。
奥中央に見えるオシベは、黄色い花糸で屈曲してつく葯が赤紫なので靴を履いて両足揃えているみたいで面白い。

葉の様子

キバナアキギリ 葉 キバナアキギリ 葉 葉柄は長い。黄色味と明るさの少ない葉で、表面は脈で皺深い。艶はまったくない。
卵形で先をやや摘まんで伸ばしたシルエットの基部左右には曲がった太身三角形の矢じりをつけたシルエットでかわいらしい。
たまに矢じりがない葉もある。
大抵は葉身部分で6cmから10cm程度だが、大きな葉では20cm程度の場合もある。ちょっと怖い。
縁は桜の葉っぱ程度の鋸歯が並ぶ。それほど整然とはしておらず、重鋸歯気味になっている部分もある。

果実期の様子

キバナアキギリ 果実期全景 元々萼は大きめなのだが更にもう少しばかり大きくなる。この写真ではまだ緑だが、段々先の方から渋く濃い赤紫になり、最終的には温かみのある褐色になって枯れる。
分果は4ある。


花確認:
2010(F11)
実確認:
2010(C11)

宮城県版のアキギリ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。