まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

クルマアザミ

クルマアザミ トップ
キク科 アザミ属
123456789101112

Cirsium oligophyllum (Franch. et Savat.) Matsum. f. obvallatum Makino

花は頭花の径で(シベを含め)2.5cmから3cm程度、ただし葉化した総苞の車部があるため含めると径5cmから7cm程度。草丈は30cmから50cm程度、ただし陽光地。
かなり『雰囲気』のあるこの植物。総苞の下部数段分が段々はっきり大きく葉化していて、独特のシルエット。
頭花自体や残りの総苞部や葉の形状・質や茎の質等から判断しても明らかにノハラアザミと思えるので、その品種(形態・forma.。)であるクルマアザミと判断。
なお、どのアザミでもこの総苞の葉化自体はたまにありうるもので、このような形態自体は「車咲き」とされる。
和名がついているので一応書いたが、あくまで形態レベル。変種等ではない。

部分的に残った自然度の高い谷津風のとあるエリアの中で通常の形態のノハラアザミとともに生えているが、日当たりの良い土手部にこの形態のものだけで多数生育、わずかに普通の形態のものも混じってはいるがかなり少ない。
この斜面は年に数回草刈りされるようでかつてその刺激で変化した株がきっかけなのかもしれない。
田んぼを挟んで逆側で日当たりがそれほどない林縁の方にはノハラアザミのみが生育。
(農薬・除草剤は使用していない。)

全景の様子

クルマアザミ 全景 クルマアザミ 全景 クルマアザミ 全景 ノハラアザミでは元々硬くしっかりした茎が妙に徒長して伸びて途中からはまともな葉ではなく葉片ばかりつくのだが、総苞がこうなって目立つようになると余計に茎がのっぺりした感じに引き立って気になる。

頭花と総苞の様子

クルマアザミ 蕾時期の頭花部 クルマアザミ 頭花 総苞片は下側ほど極端に葉化している。
総苞はノアザミのように粘ったりしない。また、白いくも毛がある。
総苞片は先端が急に折れて真っ直ぐな状態でつんつん斜上する。葉化した重い部分以外はふわっと反ったりしない。
葉化したものは披針形・広線形で基本的には羽状にはならないが、たまに大きなものの中には裂けているものもある。中央脈だけ一本、白っぽく目立つ。
濃緑で渋い。
縁は鋸歯の先端が刺状になったものが真っ直ぐ斜上する。細かい。

根生葉の様子

クルマアザミ 根生葉 クルマアザミ 茎 羽状中裂(裂片によっては更に羽状裂している。)し、とげとげとはっきりした歯牙があり、光沢は鈍いがすべすべしている。若い時期にはぷつぷつと点状突起状の毛があるがすぐに取れ落ちる。
縁には細かい鋸歯とも刺ともつかないというか連続的なものが多数、真っ直ぐに斜上している。
通常のノハラアザミ同様、根生葉は花期も残る。
茎には貼り付いた毛が結構生えている場合が多いが一見するだけでは毛だらけには見えない。むしろ遠目にはすべすべして見える。


花確認:
2010(F11)
実確認:

宮城県版のアザミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。