まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤブタデ

ヤブタデ 全景
タデ科 イヌタデ属
123456789101112

Persicaria posumbu (Buch.-Ham. ex D.Don) H.Gross

花は径2mmから3mm程度、地を這って何本も急に立ち上がる茎を出し、丈は20cmから30cmと低いが周囲方向には大きめの株になっているものが多い。実際の長さ自体は70cm程度になっているものも多い。
花序内で2、3程度の小花序を作りそれぞれが穂状ないし総状に見える複総状大抵はややまばらに花がつくためイヌタデとは様子が異なる。花序の長さはイヌタデと変わらないので、花数は少なめ
ただし、群落によってはイヌタデのように花数が多くきっちり詰まっている。
葉の先がはっきり摘んだように細長く尾状になっている。また、尾が左右どちらかに少し曲がっていることも多く何となく面白い。
林内、林縁に見られる。

葉の形状だけでなく、花が終わって閉じた萼の先端に痩果が覗いているのも結構特徴的

全景の様子

ヤブタデ 全景 ヤブタデ トップ ヤブタデ 全景 ヤブタデ _allall
ヤブタデ 全景 ヤブタデ 花序枝の付き方 枝が多数出ていても花序が多数出ていても、花数がまばらなので寂しく見える。
花序の枝は特殊な格好になっていて、葉腋の上で花序の枝を出すが1cm弱程度は茎に沿って上に伸び、花序枝側の最初の托葉鞘あたりで急に外に折れて開出している。
薄桃が弱いほとんど白く見えるものもある。

ヤブタデ 全景 こちらはよく詰まってイヌタデ風の花序の群落。そばにはイヌタデの群落があるが、葉も果実期の花被片もちゃんと様子が異なる。
色もピンクではっきりしている。
秋にはこのように段々紅葉する。(途中なので黄色い部分が多いが。)

花序と花の様子

ヤブタデ 花序 ヤブタデ 花 5枚の花被片で、外になる1枚か2枚は細い長楕円で他は卵形。どれも先がやや舟状だが程度はまちまち、一応、広いものほど先端側が平ら。
花序内で数花くらいずつが同時に咲いて開花状態もまばら。それについてはイヌタデでも変わらないが。
いくつかずつ小花序をなしている。
先端側が桃色のものから、全体が白いものまである。
花序内にも長い毛のある鞘が少し目立つが、イヌタデほどではない。

ヤブタデ 花の拡大 よく見ると奥に蜜腺が見られる。
犬の毛が邪魔だが花被片6枚の花を見つけたのでぱちり。

ヤブタデ 花序 ヤブタデ 花序 よく詰まって花数の多い群落のもの。姿が変わっても、痩果の頭はやはり花被片から覗く。

葉と托葉鞘の様子

ヤブタデ 葉 ヤブタデ 葉 ヤブタデ 葉 ヤブタデ 丸葉の個体の葉
ヤブタデ 葉 葉は3cmから7cm程度。披針形。葉柄は短く、急に曲がって開出する。葉先は極端に摘んだように伸びている。また、左右いずれかに曲がっているためよりそれが目立つ場合が多い。中心より基部寄りの位置に面積の大きいくすんだ斑紋がある。
なお、イヌタデでもそうだが、丸葉の群落もあるし群落内でも個体毎に結構異なる。太くても細くても、先が摘んだ感じに尾状なのは一緒。

ヤブタデ 葉 脈上にはっきりした直毛が斜上して生える。面部分にも多少生えている、下面も毛が多い。
葉縁には斜上した短毛が密生。
イヌタデと比べると葉の毛はどこのものも斜めに立っていてかつ少し縮れているため、量は少し多い程度だがより目立つ。(長さもやや長い。)

ヤブタデ 托葉鞘 ヤブタデ 托葉鞘 托葉鞘の先からは長い剛毛が多数突き出していてイヌタデのようになっている。
剛毛はくねくねだらしなくやや縮れた感じ、また托葉鞘表面自体には斜上した少しくねくね縮れた毛がイヌタデより多く生える。この点でも結構イヌタデと雰囲気が変わる。

ヤブタデ 葉 紅葉始め。えらいカラフル…。

果実と痩果の様子

ヤブタデ 果実 ヤブタデ 果実 ヤブタデ 痩果 ヤブタデ 果実の拡大
ヤブタデ 果実の拡大 果実は花被片に一応包まれるがイヌタデのように完全に覆われず、花被片先端から痩果先端が覗いている。痩果が覗いているのは、花被片の長さに対して痩果が大きいことと、横方向にもよく膨れていることが原因と思われる。イヌタデはぴっちり閉じているのでぱっと見でも印象が異なる。
痩果は長さ2mm程度の3稜卵体で、一面の膨らみは弱く面が広い。イヌタデに似ているがよりふっくらしている。その対向の稜は少し丸みを帯び弱いが、イヌタデのように2稜プラス極端にぷっくり丸角にはならず、一応「稜」
花被片がまだ色を持って水分もある状態のうちは痩果ははっきりと明るい赤茶色で、花被片が乾いて灰褐色に枯れた後も痩果は少なくともしばらく黒にはならない
イヌタデははっきりと色も水分も残った花被片の頃に既に痩果が黒色で、花被片は痩果を完全に包む

イヌタデとの痩果比較

ヤブタデ イヌタデ 痩果比較 ※上に書いた通り。
上段がイヌタデ、下段がヤブタデ。左上の完全に包まれた痩果はイヌタデのもので、花被片がこれだけ色を保っていても真っ黒になっているのが透けている。裸の痩果は、左が花被片に色と水分がある状態の頃(左の花被片の状態)のもので、右は花被片が灰褐色で乾いた状態の頃のもの。
一応、分かりやすいように剥がした花被片を隣に残しておいた。

ヤブタデとイヌタデの比較

ヤブタデイヌタデ
全景 ヤブタデ イヌタデ 全景 中央がヤブタデ、右がイヌタデ。数本だけイヌタデが混生しているヤブタデ大群落(都合の良い場所)があったので比較に撮影。
花序 ヤブタデ 花序
ヤブタデ 花序の拡大
花序が詰まり気味でややイヌタデっぽく見えるものを敢えてチョイス。
頭がぽちっと覗いている痩果が特徴的。
ちなみに、よく開いた花同士ではイヌタデよりかすかに大きい。
イヌタデ 花序
イヌタデ 花序の拡大
花後にぴっちり閉じた萼。
ヤブタデ イヌタデ 花
左がヤブタデ、右がイヌタデ。隣り合って咲いていて届いたので花序を寄り添わせて撮ってみた。
葉裏 ヤブタデ 葉裏
写真は失敗。もっと毛があるのだが設定と向きと光源の位置のせいで埋もれた。
イヌタデ 葉裏
托葉鞘 ヤブタデ 托葉鞘
ヤブタデ 下部の托葉鞘
托葉鞘先端から突き出る剛毛のくねくねした感じや、表面に生える剛毛のくねくねした感じのせいで、イヌタデより多毛に見える場合が多い。量自体も少し多い。突き出た長さは鞘と比率的にはイヌタデより少しだけ短い。
イヌタデ 托葉鞘
イヌタデ 下部の托葉鞘


花確認:
2010(F11)(F12)
2011(F10)(F11)
実確認:
2010(C11)(C12)
2011(C10)(C11)

宮城県版のイヌタデ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。