まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カントウタンポポ

カントウタンポポ トップ
キク科 タンポポ属
123456789101112

Taraxacum platycarpum Dahlst.

花は頭花の径で3.5cmから4cm程度でややふんわりして大きめ、草丈は花茎の丈で15cmから30cm程度。
(タンポポの仲間は、)花茎は花後ぐねっと一旦倒れて段々伸び、果実期には再度直立する。
結構大柄で葉も大きく瑞々しい。自然な明るい林の縁や林道等ではまだ生き残ってはいるが、正直見られる場所はほとんどなくなった。
単為生殖せず、自家受粉もできない
河川敷等でそれっぽいタンポポが見られるが、各部や花サイクルから見て多くは外来ものとの雑種系(雄核単為生殖雑種)と思われる。
いかつい総苞が特徴的だが変異が大きい。
「研究」が進んでいるようで、地域変異としてまとめられるものが増えてきていて、シナノタンポポやトウカイタンポポもこれと同一の種内で変種や亜種とされている。
また、宮城県版に掲載してある、あちらでは普通種であるエゾタンポポ(単為生殖する。)も、カントウタンポポの亜種シナノタンポポの、高次倍数体とする研究もある模様。

千葉のぷち図鑑エリアでは、シナノタンポポ・カントウタンポポ・シロバナタンポポ・セイヨウタンポポ・アカミタンポポ・アカミタンポポ系雑種と見られるもの、を確認した。

全景の様子

カントウタンポポ 全景 カントウタンポポ 全景 カントウタンポポ 全景 しっかり育った雰囲気がよいが、恵まれた状況でないとこうも行かない。自家受粉も単為生殖もしないため、一旦減り始めると一気に減少が加速する。

カントウタンポポ 全景(やや薄い花色) 花色の薄いものも見られ(※この写真のものは、濃い目に写ってしまった上にそれほど薄くはないが。)、ウスジロタンポポないしウスジロカントウタンポポと呼ばれる。形態(品種、forma。)程度のものなので区別するようなものではないが。
たまに見られる。
エゾタンポポやシナノタンポポ等にもウスジロものはたまに見られる。

頭花の蕾の様子

カントウタンポポ 蕾 カントウタンポポ 蕾 カントウタンポポ 蕾 カントウタンポポ 蕾
カントウタンポポ 蕾 カントウタンポポ 蕾 頭花蕾時期から、総苞外片・内片とも先端突起部が角になって目立つ。シロバナタンポポ同様、かなり目立つ。
蕾時期は位置の都合上、外片の角状突起がちょうど真横方向に突き出すため、余計に鋭く目立っている。狭楕円体にギアをはめ込んだような印象。
花茎がなく埋まっているような状況ではまだ内片と外片の位置が揃っているため、「お尻がトゲトゲの逆円錐」。面白い。

頭花の様子

カントウタンポポ 頭花 カントウタンポポ 頭花の拡大 カントウタンポポ 頭花横
カントウタンポポ 頭花横から カントウタンポポ 花後の横 総苞外片は内片の半分前後の長さ。細めの片で、先に行くほど背にきっちり尾根状の筋があり、先端はおにぎりに刃物のようなエッジをつけたはっきり大きな肥厚したたこ状角状突起が目立つ。突起部の面はごつごついびつな表面になっている。突起が極端なため、鎧のように無骨に見える。
総苞片の縁付近は白っぽい。また、縁には白い縮毛が散生する。
花茎は基部側と先端側が緑褐色や鈍い赤褐色にやや染まるが、環境による。
先端側(首元)では白いくも毛がはっきり目立つ。
頭花内はすべて舌状花。舌状花花冠は、外周に寄るほど裏面の中央にかすれ気味の灰紫褐色の染まりがあり、よいアクセント。(※このタンポポの特徴ではなく、他も。)

葉の様子

カントウタンポポ 葉 カントウタンポポ 葉の拡大 葉は大きく青々として、かなり茂る。軸部分は赤味が強いものから白いものまである。葉面は革のようなというか、無骨な様子で、つやはない。在来のタンポポは大体葉の表面がこんな感じ。(やや厚手な感じなので食べ応えがありそう。…。)


花確認:
2010(F3)
2011(F4)
2013(F4)

宮城県版のタンポポ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。