まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ショカツサイ

ショカツサイ トップ
アブラナ科
ショカツサイ属
Orychophragmus violaceus (L.) O.E.Schulz

ムラサキハナナまたはオオアラセイトウとも言われる。
花は4cm程度、草丈は30cmから80cm程度。
なお、ハナダイコンと呼ばれることもあるが、園芸花に別の「ハナダイコン」があり混乱の元なので、使うのは避けた方がよい。
きれいな薄紫の花で、同じ時期にセイヨウカラシナ等と一緒に生えるため荒れた空き地等がかなり派手な風景になる。

全景の様子

ショカツサイ 全景 ショカツサイ 全景 ショカツサイ 周囲の様子

花の様子

ショカツサイ 花 ショカツサイ 花 ショカツサイ 花の横・萼 花弁は軍配状で縁は細かく波打つ。基部側は途中で角ができてそれ以降は細くくさび形になる。開いている部分は色があるが、柄状に立っている部分は白または白っぽい。
蕾の先端側には禿げ散らかした感じに毛が生える。ただし毛の量はまちまち。
萼は紫。ヘラ状の広線形で前方に伸び、よく花を抱く
オシベの葯は角のような円錐状で、花の開く部分から少しだけはみ出て外に反っている。薄黄色の花粉。

葉と茎の様子

ショカツサイ 下部の葉 ショカツサイ 下部の葉 ショカツサイ 上部と中部の葉
ショカツサイ 中・上部の葉の基部 下部の葉は頭大羽状複生葉状で、裂片がほぼ完全に独立している葉が多い。縁ははっきりした細かい不整な重鋸歯状。頂小裂片は卵形から心形。
それぞれの裂片は基部が軸を抱くようにまとわりつく。
中部の葉は裂けず長楕円で、基部はやや耳形で茎を抱く。
上部の葉はぱっと見シンプルな楕円形で基部は茎を抱く。
茎には毛がない。
葉の縁や葉の軸にはかなりまばらに白い毛が生える。
花が似たゴウダソウは毛が多い。


花確認:
2006(F4)(F5)
2007(F2)(F3)(F4)(F5)
2008(F3)(F4)
2009(F3)(F4)
2011(F4)
実確認:
2007(C4)(C5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。