まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コケリンドウ

コケリンドウ トップ
リンドウ科 リンドウ属
123456789101112

Gentiana squarrosa Ledeb.
苔竜胆 こけりんどう Kokerindou Koke-Rindou
花は花径8mmから1.2cm、草丈は3cmから10cm程度。
明るい場所に生育し、春に咲く
小株でも下部から中部にかけてかなりよく分枝するものが多く、一本一本の枝の開出角自体は狭いのだが太ったアスパラのような多数の各茎が狭苦しく伸びるので放射して半球のように育っている。枝数が多いとぴんとしたまま水平にまで倒れている。
また、上部でもちょこちょこ分枝している。
フデリンドウではあまり分枝せず、下部でいくらかになる程度。(まれに分枝しまくっている個体もあるが。)
咲き始めの状態での花色で考えると、フデリンドウの藤色気味の柔らかい薄青紫と比べると、透明度のない水色の花色系が目立つ。
はっきりした根生葉がある。

全景の様子

コケリンドウ 全景(崖で) コケリンドウ 全景 コケリンドウ 全景 一枚目の写真…形容ではなく完全に垂直な岩肌に、多数生えている。上を見上げるとぽんぽん岩壁から出ていて、面白かった。

コケリンドウ 全景(こんなイメージ) コケリンドウ 分枝の少ない全景 左はイメージを優先した構図。このような感じで小さい印象。
右はほとんど分枝せずまるでフデリンドウのような個体。ただしこの個体の場合は、花は少し異なるし根生葉もしっかりあり、それとすぐ分かる。

蕾から花の様子

コケリンドウ 蕾 コケリンドウ 花の横顔と萼 コケリンドウ 花 コケリンドウ 花
開いていない花の枝を見ると先にある長細いふっくらした緑の部分を萼と見間違えるかもしれないが、これは閉じている花冠
花冠は折り目に従ってきれいに畳まれ、閉じている際にはヘラ状の主片部分のうちの狭い三角形状の中央部が表に出ているのだが、この部分だけは葉と同じように緑地に基部側赤紫で、しっかりしている。両端は副片同様、内側と同じの「花冠の色・質感」。開いていない間花を守る機構なのだろう。
なお、天気がよいと開き、曇ると捩れて畳まれるので、面白い。朝散歩していてまだ開いていないものを見つけたなら、ちょっと時間があるのならば待ってみるのもよいかと。
この花冠の1/2から2/3程度の長さで5枚並んでついている「葉っぱ」が、萼片。ほとんど葉そのもの。葉と同じようにこの萼片が外側にはっきりカールしている点は特徴のひとつ。
萼片の中央脈部は外側で畝になりくねくねしている。
筒状の花冠はわりと長い。
シンプルなヘラ形の細い主片狭逆三角で先が不整にぎざぎざ細かく切れ込んでややよれている副片とが並んで合着している花冠で、両片の大きさがわりと近いため上から見ると10個のはっきりした歯のあるギアのようになっている。
主片の方が色が濃い。また、花の中心部の方の白との塗り分けは境界が結構はっきりしている。

花色の変化とシベの変化

コケリンドウ 花 コケリンドウ 花 コケリンドウ 花
コケリンドウ 花のシベ1 コケリンドウ 花のシベ2 コケリンドウ 花のシベ3 コケリンドウ 花のシベ4
花の変化を追っていると、やや強めの青系水色で咲いた後、寄り添っていたオシベが段々外へ開いてその中央に覗いたメシベ柱頭が裂けてくるんと反る頃には、藤色かピンクになっている。
このため一株で花色がまちまちで複雑な雰囲気を醸していて、自然ってやっぱり薄っぺらじゃないなぁ、と思わされる。
なお、花の中心部では花冠には片同士の合着した部分で条があり、それ以外の部分では細切れの線状模様がある。
子房は平たい長楕円。

葉と茎の様子

コケリンドウ 葉 コケリンドウ 葉と茎 葉は中央脈で二つに折れている。(折れ目はともかく)脈がほとんど見えず(※一応、縦に平行脈が多少走っている程度のことは見て取れる)、のっぺりした一見厚みのある感じのもので、縁にはやや透けるように白っぽくエッジができている。また、この部分と葉面部分との間は角度ができていて、両刃の刃物のようになっている。
基部だけもう一度緩やかに太った披針形ないしヘラ形で、対生し、葉柄はなく広くなった基部は左右端がペアの葉の基部左右端と接して茎を包んでいる。
先端側は外方向に弱くカールしている。先端は針状に尖って短い尾状
葉の先の方は若草色のような紫を混ぜた渋い黄緑だが、そこまでは茎から連続してはっきりとした赤紫に染まっているのが普通。
茎を含め赤紫部分には褐色味はない。
ルーペレベルの話だが、葉縁は基部1/2程度では微細な開出毛が密生している。また、茎にも、粉状微毛がちょこちょこ散生している。肉眼ではただのすべすべつやつやだが。

根生葉

コケリンドウ 根生葉 コケリンドウ 根生葉 披針形の根生葉がはっきりあり、これはフデリンドウとの識別に使用する点のひとつ。(ただし個体によってはない場合も目立たない場合もある。)
根生葉は茎葉とほとんど同形だが、茎葉の1.5倍から2倍くらいありバランス上は大きい。ただ、それでも草体が小さいため2cmから2.5cmが普通、まれに3cm程度。
やや傷んでいるものが多く、赤紫の染まり以外の緑のはずの部分は明るい黄褐色になっていたりなりかけていたり、既に失われている場合もある。

花後の時期と若い果実

コケリンドウ 花後の全景 コケリンドウ 若い果実 コケリンドウ 果実 コケリンドウ 果実
コケリンドウ 果実 湯たんぽ程度に膨らんだ偏平な長卵体が大きくなり飛び出てくる。感触がふよふよとしているためちょっぴり気持ち悪い。縁は翼状になり、不整にぎざぎざに切れ込んでいる。
そのうちふたつに裂ける。


花確認:
2011(F4)
実確認:
2011(C4)(C5)

宮城県版のリンドウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。