まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ママコノシリヌグイ

ママコノシリヌグイ トップ
タデ科 イヌタデ属
123456789101112

Persicaria senticosa (Meisn.) H.Gross
継子の尻拭い ままこのしりぬぐい Mamakonoshirinugui Mamako-no-Shiri-Nugui
花は径8mm程度で蕾の長さ6mm程度、草丈は40cmから60cm程度だがややつる状に這ったり倒れたりしていて、実際の長さは1m程度のものも多い。
一応、半分くらいは直立している。
小さな丸い花序は花つきがよいもので1.8cmから2cm程度。
葉は三角形というよりは太った大文字Aのようなシルエット。ただし多様で、くびれや張り出しの強さでサデクサやミゾソバ等他の種類の葉に近い形になったものもある。
丸く見える托葉が面白い。
茎に鋭く細い鉤棘が多いので注意。

似ても似つかないのでイシミカワとの比較を出すのは好きではないが、一応両方とも三角形に近い葉を持つものということで書くことにする。

全景

ママコノシリヌグイ 全景 ママコノシリヌグイ 全景 田舎の田園地帯で農道と林の間で引っ込んだ小さな湿った草地に小さな群落ができていた。
葉腋で側枝を一本出し二又に斜上して伸びている。

花序と花の様子

ママコノシリヌグイ 花序 ママコノシリヌグイ 花 花数がそれほど多くなく8から12個程度なので金平糖まで行かないが花は密集して丸くなっている。
数が少ない分、蕾のつんつんした感じが強い。
花被片は5枚あり一見卵形だが基部側1/3程度は細めで等幅なのでキノコ型というか丸っこい矢印型に近い。先は鈍頭でやや舟状というかつま先ポケットのある感じに丸くなっている。また、先端側と縁が強い桃色に染まり、ややグラデーションになっているが境界はけっこうはっきりしている。十数本程度、縦に筋が見えるが目立たない。
オシベは8本あり、葯は赤紫。メシベ子房は黄緑で、白か淡桃色の花柱は3本に放射して細く、先端に丸っこい柱頭がある。
子房の周囲を見ると、オシベ同士の間に緑味のあるベージュの半透明の丸い蜜腺がある。どおりで蜂や虻、蟻がよくいる、と納得。
花序の軸とその一段下くらいまでの茎は、腺毛が密生しかなり毛深い。この部分は棘毛がかなり少ない上、小型。

葉と茎の様子

ママコノシリヌグイ 葉 ママコノシリヌグイ 葉
ママコノシリヌグイ 葉 ママコノシリヌグイ 葉 ママコノシリヌグイ 葉 基本的に、「A」のように三角形ベースで基部中央が台形に凹んでいる。葉柄は窪んだ縁についていて葉柄より後ろ側に葉身がなく、基部からの掌状脈。イシミカワではここが窪まずに葉柄がついていて葉身が後ろ側にもあるため、盾状のつき方になる。
表面には毛が生え、つやはない。柔らかい。裏は毛が多い。
葉柄は葉身と同程度あり長い。
上部ほど細くなり、くさびのような狭三角形になる。

ママコノシリヌグイ 托葉 ママコノシリヌグイ 茎 葉柄や茎は長い棘毛と微腺毛が生え、棘はよく刺さる。下向きにやや屈曲。
托葉は一見ただの丸だが、イシミカワと異なり葉の側には身がなくC字なので円状の腎臓形というところ。葉も托葉もイシミカワでは閉じママコノシリヌグイでは開いている。

変わった形のタデの葉の比較

ママコノシリヌグイ 他、イヌタデ型ではないタデ科の葉の比較図

花確認:
2011(F6)
2012(F8)

宮城県版のイヌタデ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。