まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

シロバナシナガワハギ

シロバナシナガワハギ 花序
マメ科 シナガワハギ属
123456789101112

Melilotus officinalis (L.) Pall. subsp. albus (Medik.) H.Ohashi et Tateishi

花は幅2mmから2.2mm程度で全体に比してかなり小さい。草丈は1mから2.3m程度でかなり巨大なものが多い
今はシナガワハギと亜種同士とされている模様。
花期には周囲におはぎに少し草もちを足したような芳香が漂い、好きな人は結構心地よい。
大株では上までよく枝を分け花序も多いのだが、それぞれの枝が長いため引いて撮らないと数本の花序しか写らずみすぼらしくなる。
ひょろっと伸びて中途半端に立った花序はよく揺れて撮りづらい。
大抵は何本にもなって叢生するが、一本しか出ていない小型のものもちょこちょこは見られる。

全景

シロバナシナガワハギ 全景 シロバナシナガワハギ 全景 シロバナシナガワハギ 全景と周囲
こうして見ると小さく見えてしまうかもしれないが、2mを軽く超えていてかなり大きい。
上部までというか中部から上部でよく枝を分け、遠目には結構賑やか。そばで見ると各部間延びしてそれほど高密度ではない。

花序と花の様子

シロバナシナガワハギ 花序 シロバナシナガワハギ 花序 シロバナシナガワハギ 花序 シロバナシナガワハギ 花序
シロバナシナガワハギ 花序 シロバナシナガワハギ 花序 シロバナシナガワハギ 花序
ずんぐりして高密度な蕾時期から段々ひょろひょろとくねりながら伸びて間延びした15cm程度の長い花序になる。大株の場合は花序はやや横向きの枝から少し斜上する程度に出るため、立っていないものも多い。
下から咲くため初期は細い円錐状にも見えるが、最盛期には円柱状(ブラシ状)に等幅になる。
開花状態では旗弁が軸に垂直になる程度に花が倒れているので、正面は少し撮りづらい。
シロバナシナガワハギ 花の拡大 シロバナシナガワハギ 花の横顔 シロバナシナガワハギ 花と萼の上側
シロバナシナガワハギ 花柄・萼・苞 花は典型的で整ったマメの花。
全体にほとんど白いが、それぞれ基部側が多少生成り色から薄い黄緑。花弁がわりと薄いため竜骨弁の先端付近ではシベが透けて黄色か肌色に見える。
花柄は薄い若草色(=少し褐色味がある)で、萼は明るい黄緑で目立つ。
花柄の基部には少し膨れがあり花柄の半分程度の長さの線形の苞がついている。斜上する微軟毛が散生。
萼は円錐で先端は5裂し、裂片は筒の半分から2/3程度。裂片は結構はっきりした三角形であまり細くない。花柄は萼の筒部よりほんの少し長い。
萼は上が2片、下が3片で、上の2裂片の間の縁は平らか逆に弱い円頭
花柄・萼とも斜上する微軟毛が散生する。

葉と托葉・茎と株元の様子

シロバナシナガワハギ 葉 シロバナシナガワハギ 茎と托葉 シロバナシナガワハギ 茎と托葉 シロバナシナガワハギ 茎(株元)
三出複葉で側小葉もやや前に向く。小葉は3cm程度ある。頂小葉は目立つ長い小葉柄があるが、側小葉も短いもののしっかりした小葉柄がある。
また、葉柄は小葉の長さの3/5程度はあり、長め。葉柄の基部は段々になり節が目立つ。
主脈の目立つ窪み以外はのっぺりしていて無毛でつやもない。枯れると鮮やかで赤味のない黄色になる。なお、裏には表と違って多少毛が生える。
托葉は線形で一対あり、裏面と縁に上に伏した微毛がわずかばかり生えている。
茎は若い部分で上に伏した柔らかい短毛が多少生えているが目立たない。下部から中部にかけて節部の上面側のごく狭い範囲が鮮やかな紅色に染まっている。
大株で叢生する個体の株元。ごつごつして縦に筋張っていて直径2cm近くあり、正直「木」にしか見えない。

果序と果実・種子の様子

シロバナシナガワハギ 若い果序 シロバナシナガワハギ 果序 シロバナシナガワハギ 果序(ややアップ) ひょろとかなり長くなった果序に粒々が連なっている。
花柄は下側にくるんと屈曲する。

シロバナシナガワハギ 果実と種子 シロバナシナガワハギ 果実と種子 果実は長さ3mm程度で少しふっくらした程度の一応偏平な楕円・卵形・倒卵形。ころんとはしているので、転がって撮りづらい。
下側の方が丸く大きく張り出すため上に軸が偏った感じ。更に先端は上につんとやや立っていて、口を突き上げているような感じ。
表面は脈が強く浮き出てしわしわぼこぼこ黒っぽい褐色になる。
種子は一つで、偏平な楕円形。根と葉の間に明瞭な括れがある。彩度の低い辛子色や黄色。

シロバナシナガワハギ 裂開した果実 なお、熟して乾いてくると口を突き上げている側(上(背)側)が割ける。


花確認:
2011(F6)
実確認:
2011(C6)(C7)

宮城県版のシナガワハギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。