まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤブカンゾウ

ヤブカンゾウ トップ
ススキノキ科キスゲ亜科
ワスレグサ属またはキスゲ属
123456789101112

Hemerocallis fulva L. var. kwanso Regel

※キスゲ属・ワスレグサ属は呼び方の違いで同じ属。

花は花径7cmから9cm程度、草丈は花茎の丈で60cmから90cm程度。
葉も長さ60cmから80cmくらいあるがぴんと立たないので花茎がずっと上になる。
シベが完全にまたは部分的に弁化し、八重になる
色が色なのでこのサイズがあればかなり草薮で目立つ。
花の色合いは赤味が多少強い橙色と山吹色と黄色とで構成され、弁化したシベのせいで重厚で陰影が強くなる分赤味が強く見える。
花茎は青白味のあるややくすんだ緑で、葉は明るく弱めの黄緑系。
湿っていればわりと薄暗くても陽光裸地でも生えている。沼や田の脇、林縁から林の中の少し日が入るだけのところ、と色々。水路の中にも生えている。
ノカンゾウも数を見ていると同様で、あまり住み分けされてはいない。

ノカンゾウと同じ種内で変種関係にあるが、元々遺伝的な違いという観点で分けられたものではないだろうし、弁化の様相はかなり程度がまちまちで連続的なため、実際に「変種」レベルの違いがあるものなのかは不明。

全景の様子

ヤブカンゾウ 全景 ヤブカンゾウ 全景

花序と蕾・花の様子

ヤブカンゾウ 蕾 花数は実は多く10花以上になるのだが、同時には咲かないのでシンプルなイメージ。
蕾は花被片の部分は若い時期ほぼ細い円筒形で先端の一部だけが少し細まる程度。その下の細い部分は花筒で、花柄はその皿に下のより細くなった部分。
基部や先端、主脈部を残して黄色く染まってから開花する。蕾の写真で一番大きく写っているものは、開花前日のもの。
なお、花序は二分岐を繰り返すような形になっていて、ある程度一定の形態になっている。中央の花が咲いた後に、それぞれの側枝の花が咲き、そこから更に出ている次の段の側枝の花が咲く模様。

ヤブカンゾウ 花 ヤブカンゾウ 花 ヤブカンゾウ 花弁と化したシベ ヤブカンゾウ 花弁と化したシベ
花被片は元々のものは6枚だがシベの多くが弁化する上にその花被片が複数に分裂したりするので枚数が多くなる。
オシベは、全く弁化していないもの・完全に弁化しているもの、中途半端な弁化をして先端の葯だけ残るもの、花糸が支柱のようになってひれ状にサイドに弁化しているものから左右がひれ状になるもの、葯まで沿って弁化しているものまであるが、とりあえず葯が残っている場合大抵花粉を一応生産している。
本来の花被片は主脈部を中心に基部から三角形状に黄色く、それ以外の先端側は濃橙の筋模様がぼんやり入った橙色で、繊細に色が混じり合った感じになり撮影する際に色味の調整はちょっと大変。(適当でよければどうにでもなるが。)
基部側との境界で橙が最も濃い。
縁は上下に不整に波打って陰影を作っている。(弁は多いわ陰影は多いわと適当に撮ってもきれいに写る、撮影が比較的楽な花とは言える。)
ヤブカンゾウ 花筒と花柄 ヤブカンゾウ 花後 ヤブカンゾウ 花後 花筒は長く、3cmから4cm程度ある。花柄はその下の青緑の短い部分で、1cmから長くても2cm程度しかない。
元々正常な花をつけるノカンゾウですら結実は珍しいのだが、こちらは更にシベがまともにないので果実を見たことはなく、右の写真のように花柄だけ残して妙な姿になっている。
ただ、残っているオシベ・メシベはものによっては正常に機能していると思われるため、果実ができる可能性はあるかもしれない。

葉と茎の様子

ヤブカンゾウ 全景と葉 ヤブカンゾウ 株元 ヤブカンゾウ 葉先
葉はかなり長く、数も多いつき方の都合で扇というか、平たくなっている。花茎と異なり黄色味が強めで黄緑色。質は繊細ですぐに傷む。つやがある
先端は舟形に閉じている。
ヤブカンゾウ 茎 ヤブカンゾウ 茎の下部 ヤブカンゾウ 茎の下部 花茎は青味がある緑で、白っぽい粉を被ったようになっている。こすれた部分は取れ落ちて濃緑になっている。つやはない。
下部へ行くほど稜がはっきりし、断面が膨れた三角形になっている。

ヤブカンゾウ 葉 ヤブカンゾウ 葉 ヤブカンゾウ 葉 ヤブカンゾウ 苞
花茎の途中や花序内の分岐した各所の軸途中には、披針形の葉片がつく。先はやや舟形に丸くなり、縁は白っぽい。縦に目立つ脈が数本走っている。なお、傷んだり取れたりしやすい。
茎中部のものは、4cmから6cm程度はありまだ葉然としている。

花確認:
2011(F7)

宮城県版のワスレグサ属へ または
宮城県版のキスゲ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。