まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤブレガサ

ヤブレガサ トップ
キク科 ヤブレガサ属
123456789101112

Syneilesis palmata (Thunb.) Maxim.

(※宮城県版に既に掲載があるがこちらがメイン版なので掲載することにした)
花は頭花の長さ1.8cm程度で、白っぽいため静かな色合いの藪ではこれでも目立っている。径は1cmもない。草丈は40cmから1m程度で、結構巨大ではある。
まばらな円錐花序。茎は太い。
環境の都合で、道の脇で崖状になった林土手から生えている株が多いため、横向きのものばかり目につく。…。それか撮りづらい笹薮の中。

全景

ヤブレガサ 全景 ヤブレガサ 全景
都合で横向きのものばかりなので、この図鑑サイト向きではない…。

花序と花の様子

ヤブレガサ 花序 ヤブレガサ 頭花 ヤブレガサ 柱頭 ヤブレガサ 頭花
頭花の数はややまばらだが、総苞の色が明るい白緑やベージュなためそれなりには目立ち、しかも突き出たオシベ葯筒の先端から面白い形に出る白い柱頭が結構太いようで、拡大写真では頭花の上は白い点々が賑やかに見える。
総苞内片は細長い円筒で、片の枚数は少ない
総苞外片とそれと連続的で基部から少し離れたところにまばらにある、摘んだような尖った卵形の小片がある。正直どこまでをまとまった総苞外片と捉えるのやら…。
頭花内の小花数は10数個程度と少なく、筒状花冠はきれいな星型に割けている。筒部が総苞よりだいぶ突き出ている。
裂けた部分は平開し、この少し下まではっきり褐色の多数の冠毛が花期にも伸びている。
オシベの葯筒は強く突き出て濃い紫褐色で、先端で星型に小さく割けて白く太目の2本になった柱頭が薄黄色の花粉を根こそぎと言った感じで持ち上げて突き出る。
柱頭はかなり輪っかが大きくなった外巻きでかなり目立つ。

葉と茎の様子

ヤブレガサ 葉 ヤブレガサ 株元の様子 花期に根生葉は見られない。下部の葉はかなり長い葉柄がある。
下部の葉は基部側に偏心したほぼ円形シルエットで放射状に7つ程度に深裂し、その後それぞれの裂片は先の方で太くなり倒披針形状で、それぞれ更に先端から1/3程度で2、3片に分かれるものもいくらか混じる。
縁には、低いがはっきりした摘んだような鋸歯がある。
育った時期には毛がない。
上部の葉は同じような切れ込みを持った半円形や腎臓形シルエットで、更に上の方で花序の枝の下につくものは卵形で3裂程度の小型のものになる。
株元の写真で手前にある赤紫で細く固そうなものはヒトリシズカで、奥の緑の太目の2本がヤブレガサ。
茎はすべすべしていて無毛。太く丈夫で、崖から横向きに出ていても枝垂れずに水平よりやや持ち上がる。

幼生株の様子

宮城県のヤブレガサの幼生期(傘のよう) 年中ぷらぷらしてるので当然幼生株も確認しているものの、宮城で既に撮っているため千葉の分の改めての撮影データがない。とりあえず参考で宮城のものを掲載。


宮城県盤のヤブレガサはこちら。【ヤブレガサ】
花確認:
2011(F7)

宮城県版のヤブレガサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。