まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノカンゾウ

ノカンゾウ トップ
ススキノキ科キスゲ亜科
ワスレグサ属またはキスゲ属
123456789101112

Hemerocallis fulva L. var. disticha (Donn ex Ker Gawl.) M.Hotta

花は花径8cmから9cm程度、草丈は花茎の高さで60cmから90cm程度。
花茎はやや斜上するがしっかりした質で、ぴんとしている。また、葉は結構多く、50cmから80cm程度になりかなり長い。

ヤブカンゾウ(var. kwanso)と同一種で、変種関係にあるとされている。
それぞれ名前のような住み分けはされず、実際にはどちらも同じような場所に生える。
林や草むら、田んぼの畦他、それなりに湿っていれば結構どこでも多数生えていて、緑に映える橙な上に丈もあるので目立つ。

全景

ノカンゾウ 全景 黄緑系の葉と異なり花茎は青味のある緑で濃く、表面は粉っぽく白くなる。こすれた部分は白が取れ落ちて濃い緑が見える。
この個体は田んぼと砂利道の間の、田んぼ用の小さな溝の水路のもの。
7日後の最盛期にはこれも含めすべての草が刈られた。とある田舎の小規模田園地帯(ミニ里山とセットで入り組んだ環境。)。
この地域では、植栽ではなく「山野草」でもなく「雑草」の扱いで、お仕事の人にはかなり邪魔なようだ。よく似てひとまわり大きな花の某黄色い園芸ユリはどこでも残して刈られているのだが、こちらの種は最盛期にすべて刈られる。…。

花序と花の様子

ノカンゾウ 花序・花後と蕾 ノカンゾウ 花 独特な二分岐を繰り返す花序で、中央の開花後に側枝の花が咲いて、次にそこから出る側枝の花が咲く。
枝分かれ部分や花茎の途中等に小さな苞と葉片をつけている。
花数はかなり多めだが、同時には一花か二花しか咲かない。
左の写真で中央の橙のものは花後で、一番左に突き出ているもが翌日咲く蕾。
花は普通のユリだなと思うシンプルなもので、花被片は地色は山吹色。基部と中央脈部はややそのまま残り、他は縦に筋状に橙から朱色の模様が無数に入り、基部側の山吹色との境界は三角形状にはっきりしている。(この境界部分が最も橙が濃くなっている。)
縁は上下に細かくエレガントに波打っていて、陰影がしっかりつくので近くで見ると結構ふわっとした印象を受ける。
やや湾曲した黄色から橙の6本のオシベは先端に縦向きに濃褐色の葯がつき、多少はアクセントになる。それと少しずれるようになっているメシベは花柱は黄色から橙で柱頭は白っぽい。
花粉は橙色。

ノカンゾウ 細い花被片の個体の花 ノカンゾウ 花後 細い花被片の個体もある。まちまち。
背景に見えるものはベージュに枯れて乾いたものも含めみなこの種の葉。かたまってかなり大量に生えている。
この種は花筒がかなり長い花で、開花期には大抵3cm程度にはなる。蕾では、太い部分は花被片になる部分で一番細い部分が花柄で、間にある中間的な細さの部分が花筒。
花後のもので見てもその長さがよく分かる。
なお、多数白い丸く写っているのは花の跡。かなり多数咲いた後で、この株では残りの蕾は二つのみ。

株元(葉)の様子

ノカンゾウ 株元 質が薄く柔らかい、やや黄緑系の明るい系統の緑色の葉。中央脈は太い筋が裏に出てしっかりしているがかなり葉質が柔らかく、ぴんと立つことはない。
すぐ傷む。
葉先は舟状に閉じている。
株元を見ると、やや扇のようになっている。ついでに、左下の方の葉でカエルが休んでいるのが見える。
なお、花茎の下部は稜がややはっきりし断面が膨れた三角形状になっている。


花確認:
2011(F7)

宮城県版のワスレグサ属へ または
宮城県版のキスゲ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。