まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ケムラサキニガナ

ケムラサキニガナ 花序
キク科 アキノノゲシ属
123456789101112

Lactuca sororia Miq. var. pilipes (Migo) Kitam.

花は頭花の径で6mmから8mm程度、長さで1.2cmから1.5cm程度。草丈は花序の咲き始めで40cmくらいでその後最盛期に1.2cmから2mにまで伸びる。花序内はよく伸びてやや疎らになる
林内・林縁に生える。大柄でわりと独特の姿(アキノノゲシに似ている)なので林の草地でも抜きんでて目立つ。ただ、はっきりした赤紫できれいな花色だが花は小さいので目立たない。
むしろ花後に綿毛を大量につけている姿でふとそれと気づく場合が多いかもしれない。

ムラサキニガナのうち、頭花の軸部等上部の各所に腺毛の顕著なものを特にケムラサキニガナと呼び、変種扱いになっている。…通常の感覚では正直、品種(forma.、形態。)レベルなのではないかなと感じるのだが。

全景

ケムラサキニガナ 全景 ケムラサキニガナ 全景 ケムラサキニガナ 全景 まだ初期の詰まった花序の状態でも丈は周囲の草を超えて出て膝上から腿くらいにはなっている。
咲き始めているが正直この程度では目立たないので、葉に気づかないとスルーしてしまうかもしれない。
右のように盛りをやや過ぎた状態ではかなりの丈で白い綿毛も多数あり結構目立つので、ぼんやり歩いていてもそれと分かる。

花序と花の様子

ケムラサキニガナ 若い花序と蕾の姿 ケムラサキニガナ 花序 ケムラサキニガナ 花序 ケムラサキニガナ 花序
ケムラサキニガナ 花序 密集したままの若い花序はちょっと異常っぽく見えるのでどきりとする。
それにしても全体に比してあまりに小さい花。キウイのような短円筒の蕾が段々頭花の柄を伸ばして横倒しになりほぼ下向きに屈曲して咲くため、花の正面を入れた状態で葉も写る写真は基本的に撮れない。
(まぁどのみち引けば花など点にしか写らないから、紫があるのが分かれば横でも正面でも変わらない。)
花序内で極端に多数分枝して開出する枝を出しまくる円錐花序。最盛期から果実期には、各軸がかなり伸びて随分広がり、直径20cm程度にはなる。

ケムラサキニガナ 花 ケムラサキニガナ 花のシベ ケムラサキニガナ 花後 やや不自然に柄が屈曲してほとんど下を向いて咲く。丈が高いので下にもぐりこんで撮ることができるのが救いか。
柄はケムラサキニガナでは腺毛が多数生える。日が当たるところでは基本的に柄自体も腺毛の柄も紫褐色に染まる。
総苞は大きく分けて二段で内片は細長く広線形で、長さが揃っている。縁は白っぽく翼状。外片はいびつにずれて数列とも言える状態で、長さもまちまち。
舌状花は結構鮮やかな赤紫。舌状花花冠の背面や総苞片は斜上する白っぽい毛が散生するが、肉眼ではさすがに分からない。
オシベ葯筒は先端の裂ける部分が濃い目の紫で、それ以外は白っぽい薄紫。柱頭はくるんと反り、その外側と基部側が少し色が濃い。花粉はやや薄腿っぽいほぼ白。
花期に冠毛は見えない。花後にちょこっと白い冠毛の先端が覗くようになる。この段階ではまだ花期同様、下向き。

下部から上部までの葉の様子

ケムラサキニガナ 下部の葉 ケムラサキニガナ 下部の葉 ケムラサキニガナ 下部の葉 頭大羽状深裂で、裂片の数は少ないが下部では5片くらいにはなりところどころ全裂する。縁は不整な歯牙が多数並びところどころで棘状になる。(ただしあまり硬くはない。)
この同じ時期にはヤマニガナも生えているのだが、ちょっとだけ似ているなと思う。
先端はやや摘んだように細く尖る。
(最下部数段では軸に翼状に葉身がほぼつかず基部側が葉柄状。)
葉縁から葉柄縁まで縁部には短毛が生える。また、葉柄基部付近裏で脈上に多少短毛が生える。
葉柄状の部分はとい状。

ケムラサキニガナ 中部の葉 ケムラサキニガナ 上部の葉 中部では三角から3中裂の先端を持ち軸にははっきりした翼状の葉身が基部まで続く
上部では単純な披針形で、縁は棘のような形態の鋸歯が多数あるだけでまず切れ込まない。

ケムラサキニガナ 葉表 ケムラサキニガナ 葉裏 若い葉の表面は白い毛がやや伏して散生していて、手触りも少しざらつく。この毛は段々なくなる。
裏面は青白く、マットだがすべすべしていて無毛。

株元から上部の花序軸。分岐した頭花の柄まで順に

ケムラサキニガナ 株元 ケムラサキニガナ 下部の茎とカエル ケムラサキニガナ 中部の茎 ケムラサキニガナ 上部の茎(花序軸)
ケムラサキニガナ 花序軸(細い部分) 根生葉は見られない。
株元から花序になるところまでは無毛で、多少白く粉っぽくなっている。多少の縦の模様や凹凸が出ているが、深い筋や稜はない。
花序軸になるところからは多数の開出腺毛が密生し、毛の軸自体も先端も褐色ないし紫褐色になり全体がちょっと汚らしい色になる。
分枝部分の基部には葉片があるが、かなり細くなっている軸の部分以外ではさりげなく造形が凝っていて、3裂し中央片は線形で長く、側片は卵形で先も丸い

果実の様子

ケムラサキニガナ 果実 ケムラサキニガナ 果実 果実期には、垂れていた柄が持ち上がって上を向き、総苞内片がしわしわのくしゃくしゃになり後方に反って各痩果が花火状になる。全体で2cm程度。
頭花内の花数が少ないので随分すっきりしている。中央がぽっかり空いて真上からは痩果がはっきり見える場合が多い。冠毛は直径1.2cm程度で、痩果との境は軸状にならない。また、各毛は羽状にはなっていないシンプルなもの。褐色味はなく、
痩果は縦の鋭いフィン状の畝があり黒く、長さ5mm程度。


花確認:
2011(F7)
実確認:
2011(C7)

宮城県版のアキノノゲシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。