まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オオカモメヅル

オオカモメヅル トップ
キョウチクトウ科 オオカモメヅル属
123456789101112

Tylophora aristolochioides Miq.

花は径5mmから7mm程度で崩れた球状っぽくいくらか集まってこじんまりと咲く。つる性で1mから数m程度になり、丈夫な質の茎でよく巻きついて育つ。
花の正面側に目立った開出毛が多いのが特徴。
私が出歩くエリアでは、田園と丘状の林とが入り混じった某田舎方面(遠方)で林縁に多少見られるが、その地域ではすべての林縁が定期的に強烈に草刈りされるため株が殖えることはまずない。
この地では、今ある株たちが弱ればそれでおしまい。

葉はかなり細長いものが多い。

名前に反してと言うか、花も葉も小さい植物だと言える。

引いた様子

オオカモメヅル 全景 全景を撮ろうにも完全に埋もれて何が何だか判らなくなるので少しだけ引いたものを掲載。
これは巻きつきまくっていない分、写真向けにもまだましな株。完全にぐるぐる他の植物の茎に巻いている個体もあるが、正直花が少し見える程度で何が何だか判らない。

花序と花の様子

オオカモメヅル 花序 オオカモメヅル 花序 対生の葉腋でそれぞれまたは片方だけで花柄(花梗)を伸ばして、ある程度散状にまとまったように見える中途半端な複散形(円錐)とも言い難い花序を形成。それぞれの花数はガガイモ程度でそれほど多くないが、同じ節で隣り合う花序の玉と寄り添ってごちゃごちゃすることも多く少しだけ多めに見える。

花梗も小花柄も花と同様の赤紫に染まり、白い伏した短軟毛が散生する。ただしこの毛はほとんど目立たない。
小花柄は咲くまでに伸び、開花している花では花径の1.8から2倍程度に伸びて真っ直ぐになっている。2倍といってもそもそも花が小さいのでせいぜい1.2cm程度にしかなっていないが。
オオカモメヅル 花 オオカモメヅル 花と蕾 オオカモメヅル 蕾の萼
オオカモメヅル 花の後ろと萼 こういった感じの花を見ると真っ先に花が花弁・花冠ではなく萼かな?とか思ってしまうが、この花の渋い濃赤紫の花被はちゃんと花冠。
開花状態では見えないが、蕾を見るか花を後ろから見ると、小さな長楕円状三角形の黄緑系の萼片が5片見られる。
蕾時期は、裂片の合わせ目が多少稜になり先端がやや角張った丸っこく膨れた饅頭型五角錐で、基部は萼と花被が合着している部分まで平らな円形になっている。萼片は少しだけそこから突き出ている。目立たない。
萼は花柄とつながる部分でやや盛り上がって饅頭のようになっている。一応、萼筒部。
花冠裂片はかなり狭い三角形に見える場合が多いが、大抵、左右が後ろに巻いて反っているためで実際にはそれなりの太さがあり、コバノカモメヅルよりはかなり太いと言える。(そもそもすらっとした三角形ではなく途中のやや基部寄りの部分が最も太くなっている形状。)
裂片は後ろに巻くだけでなくやや左右どちらかに弱くくねっている。(微かに回転。)
花冠の表(というか内側)には開出した白い軟毛が密生し、かなり毛が目立つが、裏(つまり本来の外)を見るとすべすべしている。
花冠中央付近の広くなった部分は平らではなく裂片毎に少し膨らんだ感じになり、よく見るとこの部分は蜜が染み出しているようで、湿って濃く艶っぽく見える。この部分には毛は生えていない。
オオカモメヅル シベの拡大 中央ではうねうねした太い楕円を少し偏平にしたようなものが5つ寄り集まって合着したような柱状の「台座状のもの」ができていて、古い水道の取っ手のような感じ。オシベの花糸が変化したのかそれとももっと他の仕組みからできたのか分からないが、とりあえず中央の蕊柱を守るようになっているとは言えるか。副花冠とは何となく呼びづらいが一応そうなのだろう。
この部分は花冠より色が濃くなっている。肉眼では毛っぽくないが拡大撮影すると微細な粉っぽい毛が密生している感じ。また、すべすべではなく微細なあばた状。なお、基部の柱状部分は色が薄い場合もある。
更にこの上の二段目の塔のように見えるやはり5つになった黄色い今度はかなり太い水道の取っ手というか星のようなレモンイエローのシベの塊()蕊柱がある。
よく見ると結構複雑で、窪みが弧になった太い星型(ほとんど五角形)の黄緑のメシベ花柱の弧(辺)部分に、黄色い丸っこくおでこが突き出たような葯がかぽっと嵌まってくっついている模様。

葉と茎の様子

オオカモメヅル 葉 オオカモメヅル 葉裏 茎はまともに写っていないが、質がかなり丈夫でぱっと見はすべすべして見える。よく見ると細かい毛が多少生えている。
節間は結構間延びして葉もバランス上それほど大きくないため、かなり「つるばかり」の間の抜けた印象が強い。
葉は対生し、葉柄は長い
10cm程度の葉も下部の方に多少あるが、普通に見える大部分ではよくて5cm程度と小さい葉が多い。
細長いくさびのような狭い三角形で、先はよく尖り、基部側は強い心形
表面の葉脈はやや浮き上がって色合いも少し葉面と異なり何となく目立つが、ガガイモほどではない。
葉には表面の縁付近を中心に白い前向きに伏した短軟毛が少し生えるが、それほど目立たない。裏はかなりすべすべ。色が薄く少し白っぽい。
葉柄は基部付近で急にL字に屈曲する。円柱に浅いといを組み合わせたような葉柄は上側のとい部縁(畝)の上に特に多めに、やや屈曲する白い短軟毛が生えている。
茎同様ここの毛もあまり目立たないため、どちらかというとすべすべして見える。


花確認:
2011(F7)

宮城県版のオオカモメヅル属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。