まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オランダガラシ

オランダガラシ 全景
アブラナ科
オランダガラシ属
Nasturtium officinale R.Br.

花は8mm程度。草丈は20cmから30cm程度。
クレソン。
水辺や場合により水中に生える。
無毛でつやつやした硬さのある葉と茎。

オオバタネツケバナと誤認する人もいるようだが、一見して明らかに違う。

花の拡大
オランダガラシ 花序 花弁は白がかなり色濃く(妙な表現だが。)、質が厚く感じられる。
蕾やオシベの明るい黄緑味が目立つ。

葉の様子
オランダガラシ 葉 オランダガラシ 葉 オランダガラシ 葉
小葉に相当する部分のつく部分に節がないため、 奇数羽状(複葉)ではなく、極端に羽状に切れ込んだだけの羽状複生葉
小葉に相当するものの基部はくさび形等にならず柄もなく、軸を抱く
ただし、幼生期の場合、まだ軸を抱いていない「小葉」もあるので注意。
各「小葉」の縁、鋸歯の裂け目は黄色い。

果実の様子

オランダガラシ 果実 果実期には花柄は水平よりやや下がり、果実もかなり横に張り出す。つやがかなり強く、種子の凹凸が強く出てごつごつしていて、全体にかなり太く、無骨。段々黄色くなり目立つ。


花確認:
2006(F5)(F6)
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F4)(F5)(F6)
実確認:
2006(C6)
2007(C4)(C5)
2008(C5)(C6)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。