まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

トキリマメ

トキリマメ トップ
マメ科 ササゲ属
123456789101112

Rhynchosia acuminatifolia Makino

花は幅7mm程度で長さ1.5cm程度。しっかりした質のつる性で数m。長いものは10m近い。
オオバタンキリマメとも呼ばれている。
同じ時期に似た場所で咲いているノササゲの花を少しだけ短くしたようなというか広くしたような印象で、葉はヤブツルアズキやヤブマメ、クズ等と同じような幅広で皺深いタイプでノササゲとは似ていない。
林縁の明るい場所でツルマメと同じように蔓延って上からぶら下がっていることが多い。
長いタイプの豆花ではちょっと短めの花形で、葉もでっぷりしているし果実(豆)も短くてころんとした雰囲気があるので、全体にかわいらしい。
ノササゲより明るい方で咲いている。

同属の似た植物としてタンキリマメがあるが、頂小葉の重心が前寄りで尖りが短めなこと、全草の毛がより長く目立つことで掲載種とは区別できる。

全景

トキリマメ 全景 トキリマメ 全景 トキリマメ 全景 (大抵は、もっと葉が茂った感じになるが…。)

花序と花の様子

トキリマメ 花序 トキリマメ 花 5花から10花程度で大抵5花程度の総状花序。咲き進んでも花序軸はあまり間延びしない。
萼は少し偏平な円筒状で先端は浅い5片になる。下中央が最も大きな三角形で、左右にそれより少し小さいもののはっきりしたものが2片、上側にそれよりもずっと小さな三角形の2片が仲良く並んでいる。
ほとんど単にすぱっと切っただけのように見えるノササゲとはだいぶ異なる。
表面には、目立たないものの微細な開出微軟毛と黄色く光る腺毛が密生している。肉眼ではよく分からないが、フラッシュで撮影するとよく光るので目立つ。
旗弁の広くなった部分の内面と翼弁の裏表の広くなった部分は鮮やかな黄色で、レモンイエロー系ではなく黄色系。ノササゲより少し温かみのある色。
白っぽく途中円筒状になった旗弁舷部があるがそのすぐ先で反るので円筒部分が目立たない。ノササゲほど左右が強く反らない。
脈は黄緑で少し目立つが、黄色の中ではほとんど分からない。
翼弁は先の方で少しふわっと膨らみ、左右から手で竜骨弁を覆うかのように近づいている。
竜骨弁の上の開きはあまりなく、シベもノササゲのように突き出てはいない。

葉と葉裏の腺・茎の様子

トキリマメ 葉 トキリマメ 葉 トキリマメ 小葉柄と苞 葉はかなりでっぷりした卵形から広卵形の小葉頂小葉下側縁がやや側小葉と重なる三出複葉で、それぞれの小葉の先端はつまんだ様にはっきり細くなるが、鋭く尖らない
主脈と側脈、細脈までがしわ深く立体的。基部からの3脈が特によく目立つ。
縁は微細な毛が密生。表面は毛がほとんどない。
ヤブツルアズキの葉やヤブマメの葉に質感が近い。(形状もやや似ている。)
小葉は3cmから4cm程度のものが多く全体に小ぶり。
葉枕は結構太く毛立つ。小葉枕もそれなりに目立つというか、でっぷり太い小葉柄のように見える。
頂小葉柄の基部に一対、線形の微細な小托葉がある。

トキリマメ 葉裏の黄色い腺 トキリマメ 葉裏の黄色い腺 葉の裏面は、脈上に短軟毛が密生し面には黄色のきらきらする腺がある。拡大の様子。はっきり黄色系で目立つ腺。ピット状の腺点ではなく、また脈間ではなく細脈の上についている。段々オレンジになり、最終的に黒褐色になる。
小さいものの、色が付いているため肉眼でもちゃんと見える。

トキリマメ 茎の毛 茎や花序軸にはやや下向き(というか、根っこ方向向きになった。ぶら下がっているので。)の白い短毛・微毛が密生している。

若い果実の様子

トキリマメ 果実期全景 トキリマメ 葉と果実 トキリマメ 若い果実 トキリマメ 若い果実
トキリマメ 赤い果実 トキリマメ 赤い果実 節間がやや短いため、葉の陰に隠すように豆をぶら下げる。
果実は偏平なまま広くなって大きくなり、段々膨らんでほとんど偏平さがなくなる。
長さ1.5cmから2cm程度の短めの円柱タイプの莢で種子の形がぽこぽこ出る。2種子を含むため、かわいらしい形。
表面には微細な白い軟毛が密に生えている。

熟して裂開する時期の果実と種子の様子

トキリマメ 果実期遠景 トキリマメ 果実 鮮やかな赤に染まり、かわいらしくてきれい。結構目立つ。皮は段々薄く乾いて裂開し、色は明るめの赤褐色になる。

トキリマメ 果実期遠景 トキリマメ 果実と種子 トキリマメ 果実と種子 種子は小豆形と球形との中間的な微妙な丸っこさを持っていてまたかわいらしい。莢の裂開時に弾け飛ばず多くは残る。黒く、強いつやがある
晩秋には何となく似た雰囲気の実の樹木ゴンズイとの、裂けた姿の競演が見られたりする。(よくわりとそばにある。)


花確認:
2011(F9)
2012(F8)
実確認:
2011(C9)(C10)

宮城県版のタンキリマメ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。