まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

サケバヒヨドリ

サケバヒヨドリ トップ
キク科 ヒヨドリバナ属
123456789101112

Eupatorium laciniatum Kitam.

長さ5mm、径2.5mmと小さくほぼ白の、小花数も少ない地味な頭花がやや平たく潰れて集したような円錐花序を形成。草丈は60cmから1.8m程度。
ヒヨドリバナの変種キクバヒヨドリによく似るが、それらとは独立の種。
葉には左右不整で大きさに違いがかなりある多数の切れ込みがあるのが普通で、多くは基部付近の一回が特に大きく切れ込む。ヒヨドリバナ・キクバヒヨドリと異なり、葉裏には腺点が見られない
葉の様子は群落内でもかなりまちまち。

全景

サケバヒヨドリ 全景 サケバヒヨドリ 全景 明るい草地の土手から小道に伸びている個体を両側から撮ってみた。

サケバヒヨドリ 開花前の個体 サケバヒヨドリ 全景 花がなくてもぱっと見てそれと分かる。暗い林と田んぼの間で、林縁に多数生えているところにて。

花序と花の様子

サケバヒヨドリ 花序 サケバヒヨドリ 花序と軸 サケバヒヨドリ 頭花蕾
サケバヒヨドリ 頭花 サケバヒヨドリ 花 サケバヒヨドリ 花 花序軸には白いややふわふわだらしない縮毛が密生して毛深い。総苞に近づくにつれ伏し気味になる。
かなり密集したやや平たい円錐花序。尖った長い米粒のような、細長く小さな頭花。基本的に5小花ある。星型の小さな筒状花のみ。
総苞は4段前後だが正直何段と言いづらい。内片になるほど順に大きく長くなる。縁が白いが、内片ほど白い部分が多くなる前方に伏した白い軟毛が生える。
筒状花は1mmから1.5mmだけ総苞から突き出ていて、白い冠毛が花期から筒状花の裂け目まで届いているかわずかに追い越している。
なお、筒状花の色は白だけのものもあれば染まるものもあるが、傾向としては日当たりが良いとよく染まる。
オシベの葯筒の中央から突き出たメシベ花柱は出てすぐ2本に割けて白く長い柱頭になり、うねうねと花から突き出て結構賑やか。

葉・葉裏と茎の様子

サケバヒヨドリ 葉 サケバヒヨドリ 葉裏 サケバヒヨドリ 葉裏の拡大 参考)キクバヒヨドリ 葉裏の腺点
披針形で15cm程度。質は柔らかく、つやはない。不整な羽状中裂状の切れ込みと鋸歯とが入り混じる基部側に1から数個、特に大きな切れ込みがあるものが普通。特に最基部の切れ込みは全裂する場合も多い。
葉脈は細脈までが深く窪み皺深いのが普通。
葉裏は脈上に軟毛がやや多い。ヒヨドリバナ・キクバヒヨドリと異なり、面には腺点が見られない
※右の赤い点線の画像は、参考用に、よく似た葉を持つキクバヒヨドリの葉裏腺点。ぱっと見二重丸状のピット状の腺点が多数あり、肉眼でもぱっと見て目立つ。ヒヨドリバナと同じ。
サケバヒヨドリ 茎 茎は丸く、屈曲した縮毛が密生する。

果実の様子

サケバヒヨドリ 果実 印象としては茶色っぽく汚いイメージなのだが、実際には冠毛はほぼ白い。ひとつの冠毛の「球」の直径はせいぜい8mm。


花確認:
2011(F7)
2012(F8)
実確認:
2011(C9)

宮城県版のヒヨドリバナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。