まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

メナモミ

メナモミ トップ
キク科 メナモミ属
123456789101112

Sigesbeckia pubescens (Makino) Makino

開出ないし湾曲斜上しているヘラ状の総苞を抜いた頭花の径で9mmから1cm程度と結構大きい。草丈は80cmから1.7m程度あり、基本的に直立し、よく十字分枝して側枝をぴんと斜上している。
明るい林縁等で見られ、ほとんどの場合茎が渋赤紫に染まる。
茎と花柄(頭花の柄)には開出して極めて目立つ白い長軟毛が密生し暑苦しい。
花柄部には頭の丸い微細な腺毛が少し混じるが、よく見ないと目立たない。

コメナモミと似るが基本的に各部が大型。

全景

メナモミ 全景 つんつん出た枝で結構邪魔になる。秋の草薮でこれに遭遇するとべたつく総苞の餌食になる。なお、痩果はこのヘルメットからすぐに零れるので、痩果の運び屋になることは少ない。

花序と花の様子

メナモミ 花序周辺 メナモミ 頭花 メナモミ 頭花
上部の花序部では狭い角度で二又分岐し、それぞれ独特の頭花をつける。
5本のスポークかプロペラのような放射状の総苞はヘラ状で、先はやや丸い。表面には丸くて半透明黄緑の頭のある開出腺毛が多数生え、ちょっと気持ち悪い。
裏面は開出気味の長白軟毛がやや横方向の流れを持って生えている。
長さは1.5cm程度とかなりあり、濃い緑なので目立つ。
各小花の苞は短く、長楕円の兜のようになり各痩果を包む。腺毛が多数生える。
外周に8個程度の舌状花がある。舌状花の花冠裂片は2mm程度で3中裂し中央片が最も細いが長さはどれもおよそ同程度。外面(裏面)が赤の筋状の染まりになった黄色から山吹色。舌状花筒部は1.5mm程度で、黄緑色。
筒状花は十数花程度だけで、黄色くころんとした太身で1.5mm程度の上部を持ちその先端は浅いがはっきり5裂し一応は星形。舌状花同様下部は細い柄になって1mm程度ある。
写真は三枚とも既に痩果が稔って黒く熟しているもの。まだ咲いている状態だが。

葉と茎・花柄の様子

メナモミ 葉 メナモミ 茎と花柄の毛 メナモミ 花柄
葉は対生し、上へいき花がつき始める辺りから少しずれる
中部くらいまでの大きな葉は長さ13cmから15cm程度はあり、やや菱状の卵形で重心がはっきり基部側にある。鋸歯は不整な重鋸歯状で葉の大きさに対して細かいのであまりとげとげしたシルエットには見えない場合が多い。
表面はざらっとしたようなくすんだ緑で、黄色味はない。葉柄部は葉身の1/2から1/4程度の長さで葉身基部が翼状に漸先形状にはっきりついている。
主脈と基部側で途中からやや左右揃って出る脈とが特に異質で目立ち、それ以外にかなり開出して入る側脈は白っぽく線を引いたように少し目立つ。
葉裏は白っぽい短軟毛が密。
茎は赤紫褐色で、開出したやや縮毛気味の長白軟毛が密生してかなり目立ち、フラッシュ撮影をすると白から灰色に光る。
花柄部も同様に開出しただらしない長軟毛が密生し、それ以外に更に、長毛の1/5から1/6程度しかない短くてほとんど分からない、頭の丸い腺毛が散生する。(拡大撮影がうまく撮れていなかったので粗い代用写真にて失礼。)

花確認:
2011(F10)
実確認:
2011(C10)

宮城県版のメナモミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。