まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ホソバヒメミソハギ

ホソバヒメミソハギ トップ
ミソハギ科 ヒメミソハギ属
123456789101112

まるっこ
Ammannia coccinea Rottb.

花は径4mm程度で花弁は1.5mm~1.8mm程度と花弁が小さくバランスがやや悪い。色は濃いピンクでかなり鮮やかだが、小さいためあまり目立たない。
草丈は20cm~50cm程度。
対生する葉腋に各3花~7花程度の奇数ずつつき、花柄は短くほとんど見えない。一番茎側に位置する二花はきれいに発達していない場合も多い(萼3片、花弁3枚だったりする。)。
水田等にて生育し、晩夏から秋に花期となるが早期に水を抜く田ではあまり見られない。
似た種類に、在来のヒメミソハギと、本種と同様帰化植物とされるナンゴクヒメミソハギ、やや似たシマミソハギがある。

全景の様子

ホソバヒメミソハギ 全景 ホソバヒメミソハギ 全景 ホソバヒメミソハギ 全景 ホソバヒメミソハギ 全景
ホソバヒメミソハギ 全景 下部で節上から左右に極端に開出して枝を出し、それぞれの枝は湾曲斜上する。
節間は結構詰まっている。

花序と花の様子

ホソバヒメミソハギ 花序と萼 ホソバヒメミソハギ 花 ホソバヒメミソハギ 花 左右に側枝を出し3方になる茎と同様に、花序も3方を基準としている。7花の場合、中央以外がもう一回3方に花をつける。この際の二回目の花は小さく未発達なものも多い。
萼は太い暗赤色の8脈が畝状になりうち4脈が角張って四角形。卵体でやや壷状。
潰れて広い超鈍角三角形の4裂片があり、裂け目から先では脈が太くなり隣と接するようになるため全体的にやや肥厚している状態。表面は平滑ではなくざらざらしている。
蕾から雌性先熟し裂片の隙間から黄緑で丸い狭義柱頭だけをまず突き出す。
開花後の花では、花の奥には萼の半分程度で明るい黄緑でまだ少し細身の丸い子房があり、そこから赤紫褐色の花柱が萼の裂け目より少し先まで伸びている。
オシベは4本。オシベ花糸も赤紫褐色で花柱より細い。柱頭とほぼ同じ高さに伸び、でっぷりした黄色い葯を先端に乗せるようにつけている。少しすると明るい黄色の花粉が溢れる。
花弁は萼の裂片とずれた位置につき、円形から倒卵形で基部はくさび形。柄はほとんどない。中央脈だけ少し色が濃く、また、基部側ほど濃くなっている。多少縁が波打つ。
平開までは行かないがかなり開く。

葉と茎の様子

ホソバヒメミソハギ 葉 ホソバヒメミソハギ 葉裏 ホソバヒメミソハギ 茎 ホソバヒメミソハギ 茎の拡大
十字対生する葉は、葉身全体はかなり細身で線形・広線形・披針形で基部が急に細身の耳状に膨れて後ろが切形になり無柄で茎を抱き、ペアの葉の基部と真っ直ぐぴったりに接している。
下部では長さ8cm~10cm程度で上部まで大きめで4cm~5cm程度ある。
主茎の葉は左右が真っ直ぐ伸びているが、大株の場合の開出して湾曲斜上する側枝の葉は主茎側に先端が緩やかに曲がっていきペアとセットで三日月状になっている場合が多い。
やや光沢があり厚手でやや革質程度。
よく見ると微細な点状突起状の毛が散生している。縁にもあり、斜上している。ただし、肉眼ではほぼ見えない。
表裏ともところどころ薄黄色にきらきら見える部分がある。腺点があるのかもしれない。
主脈はかなりはっきり窪み、側脈や細脈も肉眼で見えやや隆起した皺状。
裏面は太く丸く隆起した主脈以外はのっぺりしている。
この主脈から沿下して茎にも畝がある。翼といえば翼だろうが、薄く鋭くはならない。茎は膨れた四角形に近い断面になる。
また、この部分には微細な突起がまばらにある。
肉眼では何かあるな?程度にしか見えずほぼ無毛っぽい印象だが、微細な点状突起状の毛が散生している。

果実の様子

ホソバヒメミソハギ 果実期 ホソバヒメミソハギ 若い果実 ホソバヒメミソハギ 果実 果実は球形で4mm程度、熟した頃も大部分が萼に包まれ、先端1/3程度だけが裸出する。真っ直ぐな細い花柱がつんつん宿存する。
少し褐色の被った濃紅色で強い光沢がある。表面は4筋やや窪むが、目立たない。熟す頃には萼も肌色状から渋赤紫褐色に染まる。
よく熟すと表面に種子がやや透ける。
種子は0.4mm程度の小さな粒状で、多数はちきれんばかりに入っている。


花確認:
2011(F10)(F11)
実確認:
2011(C10)(C11)

宮城県版のヒメミソハギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。