まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

マルバツユクサ

マルバツユクサ トップ
ツユクサ科 ツユクサ属
123456789101112

Commelina benghalensis L.

花は幅7mmから8mm程度でツユクサより横長シルエットで花弁が小さい
草丈は、高さ15cmから20cmで長さ自体は30cmから40cm程度ある。這い性が強く、先端だけ湾曲斜上する。また、よく分枝し枝の開出角は広め。
ツユクサより花が一回り小さく色も少し薄めなのだが、実物を単体で見るとそれほど薄く感じない。
葉は丸く、よく波打っていて、大きめ
節から発根してべたっと拡がる。地中にも白い茎を伸ばし、花をつける。パーツは小さいが厳密には「閉鎖花」ではないと思う。

畑の害草で結構困ったものになるが、生える場所次第では大人しい。

花序と花の様子

マルバツユクサ 花と総苞 マルバツユクサ 花 マルバツユクサ 花序と花 マルバツユクサ 花序
半月状に二つに折りたたまれた総苞に包まれて花序を作る。
総苞は、半月状と書いたがよく見ると大抵は上辺の1/3程度の位置に弱い角(かど)か角(つの)があり、太い鎌のよう。
総苞の表には開出する微軟毛から開出する長軟毛までが混在して密生。長い毛は3mm程度。
合わせ目は合着、またはほぼ合着しているが、花が突き出すことで割ける。(花の位置の都合から、角(かど)より後ろ側は割けないことが多い。)
(なお、中の花序が弱い場合や総苞が丈夫な場合、合わせ目を突き破れず中だけで開花・結実している。)
後ろ側の細い花柄1本と前側の太い花柄がある
後の花柄には1花つけ、この花は基本的に雄花で、上方に突き出るように伸びて咲く。
前の花柄は総苞に沿うように前方に伸びて先で短い小花柄を出して1から3花つける。
花柄には開出軟毛が生えるが小花柄には生えていない。
萼は白緑で長楕円、3枚あり、斜上している。
青から薄紫の2枚の花弁はややお皿状で極端な広卵形から腎臓形で広い部分の2/5程度のはっきりした柄上部分がある形状で、不整な切れ込みがいくつか入る。
下の一枚の花弁は萼より少し長い程度でかなり薄い薄紫。
オシベは6本(たまに5本)あり、3本は長い。3本(たまに2本)はかなり短く、1/3程度。どのオシベも花糸の先端半分程度は青い。
最も長い2本は先端が強く上方に屈曲。楕円の葯がはっきり薄青紫で花粉を出す。花粉は白っぽい。
それよりやや短いオシベは、いびつで下が狭い黄色のVとHの中間のような、2半葯の先側が互いにやや近寄った葯をつける。やや機能する。
もっとも短い3本(たまに2本)のオシベも黄色いX字状の葯をつけるがかなり小さい。この葯は機能しないとされているが中途半端に機能している場合もたまにある。
主に前側の花序につく両性花にあるメシベは二番目に長いオシベより少し短い程度でオシベ花糸より少し太い。先端の柱頭は薄紫。
マルバツユクサ よく見る姿 花が咲いている時間が短めで、このような姿を見ることも多い。総苞からちょこっと覗いているうち、右側は終わった花、左側は蕾。(翌日開花した。)

葉と茎の様子

マルバツユクサ 葉 マルバツユクサ 茎と托葉鞘 マルバツユクサ 茎と托葉鞘 葉は3.5cmから5cm程度。卵円形で先端は丸みが強く、縁は上下に波打っている。傷んでくると黄色くなり、茶色いウズラ葉状の斑点が多数出る。
葉裏は開出する短軟毛が密生。葉表は開出する微軟毛が密生するが裏ほど目立たずややつやがあり明るいやや弱々しい黄緑。
茎は全体的に開出軟毛が生えるが、葉の付く側から上方向に次の節まで帯状に毛がより目立つ
葉鞘は卵形で茎に沿い張り付き、薄膜質で色は白緑。緑の縦の平行脈が目立つ。


花確認:
2011(F11)
実確認:
2011(C11)

宮城県版のツユクサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。