まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒメウズ

ヒメウズ トップ 花
キンポウゲ科 ヒメウズ属
123456789101112

Semiaquilegia adoxoides (DC.) Makino

曲がった花柄の先に花があまり開かず中途半端に口を開けて下向きに咲いていて、径8mm程度。
オダマキをイメージしていると、かなり小さい。
草丈は結構あって、よくひょろっと伸びたもので30cm程度で、束になったように立っていて少しごちゃごちゃして撮影しても分かりづらい。
根生葉はよく茂り辺りを覆う。

※オダマキ属ではないので注意。(かつてオダマキ属とされていたことがあった。)
それにしても、学名での属名に「semi」なんていうものがつくのは何だか残念な感じ。なお、Aquilegiaはオダマキ属のこと。

(地下では塊茎がころんと丸っこく肥大するのだが、掘って見たことはない。結構小さい模様。
ただの趣味でせっかくの植物を傷つけたくはないので、今後も開発で失われることになったとか何かの機会がない限りは 自分で掘って撮ることはしない。塊茎の写真を見たければ他を当たって欲しい。)

全景

ヒメウズ 全景周囲(横) ヒメウズ 全景 ヒメウズ 全景
ヒメウズ 全景 オダマキを小さく貧弱にしたような野草味溢れる地味な白い花を、ゆらゆらステッキのように頭を垂れた花柄の先に頼りなくつけ、枯れ葉ばかりの明るい林床には点々と少し目立つ。
姿から繊細な感じに見えるが、環境が良いと結構かたまって蔓延るし葉も地べたを覆い結構なことになっている。

上部と花の様子

ヒメウズ 花周辺 ヒメウズ 花 ヒメウズ 桃色の花 ヒメウズ 花
ヒメウズ 花 頂点にひとつと、葉腋毎にひとつの花をつける。
各先端の若い部分では根生葉と同じで小型の三出複葉がついていて、若い葉は中に小さな蕾や枝を包むように上向きに束ねたように筒状に立っている。
この小さな葉は最初渋く鈍い赤紫に染まっているが、段々拡がるにつれ緑になる。
花は半開きの白い萼片筒状に寄り添って立つ黄緑~ベージュか黄色で短い花弁とで成っていて、両片とも5枚。花弁は3mm程度しかなく、小さい。
萼片は細長く基部側がやや柄状に更に細くなっている。若い時期には先端に偏って脈を中心に紅色に染まり、咲いてからも先端だけポッチ状に少し染まりが残るものが多い。倒披針形状長楕円で先端は少し摘んだようなカーブになっている。
花弁は先がやや丸みのある太くなった切形で、よく見ると微小にがたがたして全縁ではない。全体はしゃもじかバチのような形。花弁基部にはひじのような瘤のような急に少し膨らんだ微小な距があって、萼片同士の基部側の広い隙間からお尻を覗かせている。距は少し透けるような質感。蕾の時期からはみ出していて、面白い。
この花には距がないと思っている方は、ぜひ見てあげて欲しい。

ヒメウズ 花後 この小さな距は、花後に花弁だけ残った場合、よく目立ってかわいらしい。

ヒメウズ 花のシベ ヒメウズ 花のシベ ヒメウズ 花弁とシベ 中央にはしっかりした少し太身の黄緑のメシベが卵形に寄り添って束になって3~5本程度あり、その周囲をオシベが取り囲む。
バランス上わりと大きい黄色いでっぷりした葯から、黄色い花粉を溢れさせる。
メシベの柱頭付近は白く、先端はやや外に曲がる。
オシベの花糸は先端だけ薄い黄緑で全体は白い。基部側は平べったくなっている。
右は、こういう際に都合の良いサンプル。これは萼片や花弁を毟り取ったのではなく、取れてなくなっているもの。(ついでに、一部のオシベが不良で基部しかない。)
こういう花があると、中が分かりやすい。

なお、花柄は花のつく部分で円盤状に少し膨れている。

葉と茎の様子

ヒメウズ 若い葉 ヒメウズ 葉 ヒメウズ 葉 三出複葉で、小葉柄ははっきりしている。各小葉は基部側が広いくさび形(三角形)で先端側は丸くなるため扇形になっている。
雲のようなもくもくした丸っこい裂片に深い鋭い切れ込みが2本と中くらいの切れ込み・浅い切れ込みが数本入る、独特な形状。
側小葉はたまにほぼ全裂し全体で五出複葉のようなシルエットになるものも見られる。
全体に小さく、大きくなったものでも4cm程度。
葉面はつやがなく彩度の低めな明るい緑(=白緑)で、切れ込みの部分や柄に続く中央部分が少し白く抜ける。また、ちょこちょこ、かすれたように模様になっている葉も見られる。

ヒメウズ 根生葉の葉柄と葉裏 裏面は渋めの赤紫に染まる。寒い時期や若い時期には表も染まる。
根生葉の葉柄はひょろひょろ頼りなくかなり長く伸びる。

ヒメウズ 茎と葉柄 ヒメウズ 根生葉の葉柄 ヒメウズ 茎葉の葉柄基部のひれ 茎にはグラスウールのような透明質の長く不揃いな開出毛が密生し、暖かそう。
葉柄にも生えるが密度はかなり薄く散生し、茎の毛の3倍~4倍程度と長い毛が多い。ほとんど生えていない葉柄もある。
茎の表面は縦に畝状になり、薄い若草色ベースに縦に筋状につながりつつ斑になったような鈍い赤紫の染まりがついている。
茎葉の葉柄基部には半分の卵形の白い膜質のひれができ、この部分が茎を下からやや巻くように抱くようになっている。

果実の様子

ヒメウズ 若い果実 ヒメウズ 果実 下向きに咲いた花は段々横を向き、花後は重みでもう一度少しうなだれて、最終的に真上につんつん立ってそのうち裂開する。
写真のものは1cm程度。
果実は蒴果で、やや筒のように膨れるものの偏平な、少し丸みのある細長い平行四辺形状。それぞれが面白い割け方をして種子を零すようなので確認したいが、まだ撮影できていない。


花確認:
2013(F4)
実確認:
2013(C4)

宮城県版のヒメウズ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。