まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤセウツボ

ヤセウツボ トップ
ハマウツボ科 ハマウツボ属
123456789101112

Orobanche minor Sm.

花は幅7mmから8mm程度・長さ1.5cm程度。
草丈は、10cmから15cm程度で咲き始め咲きながら伸びて20cm程度になり、果実期には30cmから40cm程度になる。
葉緑素を持たず色は全体に赤褐色だが姿としては「まぁ少し変な姿だけど普通の植物か…」という印象で、ナンバンギセルよりは普通っぽい。色もよいので、よく見ればわりときれい。
花を含めて全草が白い腺毛だらけ。腺毛の先端は玉状で黄色い
ふにゃふにゃしてすぐ折れるかと思いきや全体かなりしっかり硬くて、花も乾いてばさばさ感じで質が硬め、あまり薄くない。

マメ科の植物を中心に広く色々なものに細い根で寄生して育つようだが、私が見かける場所では色々生えていても必ずムラサキツメクサだけについている。
家の周囲には全くなかったのだが、土地をひっくり返し機械で草刈りした翌年にそれらの空き地だけで大量の帰化植物とともに生えてきた。どの空き地も土入れはしなかったようなので、重機等の道具についてきたものと思われる。

全景と花序の様子

ヤセウツボ 出始め ヤセウツボ 蕾の花序 ヤセウツボ 蕾の花序 ヤセウツボ 全景
ヤセウツボ 全景 ヤセウツボ 花序 卵のように硬くかたまって守られている花序部は段々ほどけて急激に伸びながら次々下から開花させていく。ほんの数日で結構長くなる。
花はかなり立ち気味に斜上して出て先の方で横に屈曲する。

花の様子

ヤセウツボ 花 ヤセウツボ 花 ヤセウツボ 花 花冠は先が曲がった円筒状で、ベースが象牙色で赤褐色の筋模様とその周囲への滲んだ染まりがある。縁は全体がぼさぼさ細かく裂けてフリンジ状
一応上唇と下唇、側片とに分かれている感じだが細かい裂片がある上に形がいびつなのではっきりはしない。開花直前の蕾の方が片がよく分かる。
下唇側には二畝の強い膨らみができて花の中を圧迫している。畝以外のところが濃紫色。
フリンジの先端や畝の頂上部は傷むと橙色が濃くなる。

ヤセウツボ 花 ヤセウツボ 花 ヤセウツボ 萼 1枚のシンプルな苞と、深裂して左右ふたつに分かれた小苞のように見える萼とで守られている。なお、萼片はそれぞれ先端がつまんだように極端に細い尾状で、左右それぞれが更に二股に2/3程度まで裂けるものも多い

ヤセウツボ オシベメシベ ヤセウツボ メシベ 上唇の内側に沿って太い赤紫の花柱が伸びて出口手前で屈曲して少しつやのある柱頭を下に向けている。
両脇寄りになって各2本ずつオシベが伸びていて、やはり先端が屈曲している。下ではなく横(メシベ側)を向いて曲がる。
葯は焦げ茶色。

葉と茎の様子

ヤセウツボ 葉 下部は数枚から10枚程度、花のつかない葉になっている。狭三角形の先をつまんで伸ばしたような鱗片葉。
内面は無毛で、外側だけ白く短い腺毛が密生する。(先端は黄色い玉状。)
茎の方がやや毛が多い。

果実期の全景と果実・種子の様子

ヤセウツボ 果実期全景 ヤセウツボ 果実期全景 ヤセウツボ 果実 ヤセウツボ 果実と種子 草刈り時のものを撮影。
花冠が乾いて明るめの褐色になる。
果実はよく膨れて伸び、乾いた花冠を破っていく。どんぐりのような細い倒卵体で、中にはびっしりと鮮やかな黄色い種子が入ってぱんぱんに膨れている。


花確認:
2010(F4)(F5)(F6)
2011(F5)
実確認:
2010(C6)

宮城県版のハマウツボ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。