まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤブタビラコ

ヤブタビラコ トップ
キク科
ヤブタビラコ属
Lapsanastrum humile (Thunb.) J.H.Pak et K.Bremer

花は頭花径で6mmから7mm程度と小さい。
草丈は、ロゼットに頭花が埋まって咲いているもので5mmで、しっかり伸びて咲いているもので10cmから25cm程度。
すべて舌状花で筒状花はない。花後に花茎は花の少し手前あたりからうつむき頭花部は総苞が閉じ、ころんと膨れて卵球体になり、かなりかわいらしい。
まだ寒い時期に埋まったように咲く頃には葉表と総苞より先以外に白い軟毛が密に生えるが、晩春から夏には葉裏に短軟毛が薄く生えるが各部の毛が少なくなる。
多くが先で二又になって二つの頭花をつけ、枝が出る場合も二頭花と枝になる。

頭花の径もだいぶ小さいが、それ以外にも痩果の色、痩果先端の棘状突起、総苞内片の数、頭花内の花数でコオニタビラコと区別可能。
というか、そもそもどちらの時期の姿でも雰囲気はあまり似ていない。
冠毛で飛ばない分、林縁や林内、自然度の高い田んぼの畦等に大きな群落を形成している場合も多い。

全景の様子

ヤブタビラコ 早春 全景 早い時期に咲く個体の姿。この写真のものはだいぶ伸びてきているが、打ち込んだリベットのように埋まって咲くものも早春には多い。
かなり毛深いため、埃まみれになっているものも多い。

晩春以降の様子

ヤブタビラコ 全景 葉裏と表の主脈上くらいには多少毛が見られるが、それ以外ほぼどこも無毛で瑞々しい
…はっきり言ってものすごくおいしそうで、また、一般に言うところの「雑草」より「野草」という雰囲気。
ひょろひょろ伸びて繊細で、風によく揺れる。林縁等に多いため、微風でも撮影が難しくなる。

花序と頭花拡大

ヤブタビラコ 花 ヤブタビラコ 花の拡大 花後 花茎には鱗片葉がいくらかつく。
舌状花は15程度からそれ以上ある。
総苞は二段で、外花被片は小片状でほとんど目立たない。
頭花を拡大して見ると、小さくても造形は妥協がなくちゃんと「菊」の花。

葉の様子

ヤブタビラコ 葉 ヤブタビラコ 葉 早春の頃の葉はかなり軟毛が密生し、毛深い。葉表こそ毛がほとんどないが、印象としては全体が毛深く見える。
葉は極端に深裂し、頭大羽状。花茎が伸びる場合多少の茎葉もつく(鱗片葉以外に。)。
先端の大きな裂片は欠刻状に切れ込む。

ヤブタビラコ 葉 ヤブタビラコ 葉 頭大羽状だが群落毎にバランスはかなりまちまちで、即小片が極端に小さくほとんどただの団扇のような印象のものもよく見られる。

花後と果実の様子

ヤブタビラコ 果実期 ヤブタビラコ 花後(果実) ヤブタビラコ 果実(痩果) かなりころんとした花後
準備ができると総苞が展開し果実が見えるようになる。
痩果にタンポポのような冠毛はなく、種子状の痩果がぽろぽろとこぼれていく。
痩果はわずかにボート状になっている。

ロゼットの様子

ヤブタビラコ 幼生期のロゼット 花茎がないだけで花期となんら変わらないが。
葉身がひれ状に細くなっている部分が長く、先端は六角形状に極端に頭大。
コオニタビラコと似た形状で、全体に毛深い。
これはこれで食べられるらしいが、この時期のものはさすがに…。これだけ毛深いものの食感は決してよいものではないだろう。


花確認:
2006(F5)
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F4)
2011(F5)
実確認:
2006(C5)
2007(C3)(C4)(C5)
2008(C5)
2011(C5)

宮城県版のヤブタビラコ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。