まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コメツブツメクサ

コメツブツメクサ トップ
マメ科
シャジクソウ属
Trifolium dubium Sibth.

花は4mm程度。草丈は5cmから15cm程度。
それほどこんもりとしないことが多いが、栄養状態がよいと冷蔵庫に貼っている円形飾りマグネットのような形にわさっと拡がっているものも見られる。
似たような花にサイズの異なるクスダマツメクサがある。コメツブウマゴヤシを似ているとする人もあるが、似ているとは思えない。サイズと黄色だけ。
乾燥した荒れ地にも他の草がよく育っている草地にも負けずに生育するが、コメツブウマゴヤシほど道路の隙間等では見かけない。草地が多い。クスダマツメクサも同様。

全景の様子

コメツブツメクサ 全景 コメツブツメクサ 群落

花の様子

コメツブツメクサ 花 コメツブツメクサ 花 花数は少ないが、それぞれつんつん立っていると言う程ではないのでふわっとしている丸い花序全体では、縦長にならない。花の色はレモンではなく黄色。ひとつの花序内の花はかなりペースを合わせている感じ。ほとんどが蕾かほとんどが咲いているか、ほとんどが終わっているか。
花弁は縦の筋模様が結構目立つ。
花柄は長い。赤紫で、ややくねっている。葉が上の方でも大きいため結構隠れている上、若い葉の方が花より高い位置になっているものがわりと多い。

葉の様子

コメツブツメクサ 葉 コメツブツメクサ 葉 三出複葉。小葉は倒卵形で先端側は丸っこく、中央は窪むか平ら、基部はくさび形が多い。このため重心は前寄り。
裏側主脈上を中心に眺めの軟毛がまばらに生えているが表は無毛。葉質は薄い。上の方まで葉は同じくらいのサイズ

コメツブツメクサ 茎と托葉 茎にはやや長めの白い斜上する軟毛が生えるが、量的には密生とまでは行かない。茎、葉柄、托葉や葉縁等各所が赤紫の個体が多い。葉柄の基部に茎や花茎、葉柄を包み込んだ(抱き込んだ)バランス上結構大きくてひらひらした托葉が特徴的。

果実の様子

コメツブツメクサ 果実 枯れた花弁が宿存し下に垂れて茶色くなる。
クスダマツメクサも枯れた花が残るが花と似た形のままというか丸いままである。


花確認:
2006(F5)(F6)
2007(F4)(F5)
2008(F5)
2010(F4)
実確認:
2006(C6)
2007(C4)(C5)
2008(C5)

宮城県版のシャジクソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。