まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ 花
カタバミ科
カタバミ属
Oxalis debilis Kunth subsp. corymbosa (DC.) Lourteig

イモカタバミに多少は似ていなくもないがわからなくなるほど似たようなものではない。各部異なる。色は、こちらの方が淡い感じになる。イモカタバミは紫系だが、こちらはピンク(名前はムラサキカタバミだが。)。花の大きさは1.5cm?1.8cm程度。
葉は毛が少なくつるつる光沢がある。
全体的に葉はかなり大きくなる傾向。
種子はできないので、塊根で殖える。

花の拡大

ムラサキカタバミ 花 花弁の基部側(奥の方)は薄い黄緑。
オシベの葯はイモカタバミの黄色(※花粉の色)と異なり、白。
花茎はわりとなよなよしているが、長い。

葉の様子

ムラサキカタバミ 葉 明るい黄緑で、つやがあり、大きい。毛はまったくないわけではないが普通に肉眼で少し見た程度では無毛に見える。
花に比べてかなり大きいため、違和感がある。極端に大きいものでは6cm以上ある。
小葉の形状はやや先端寄りに重心があるハート形とは少し違い、中央部がちょうど一番太っているものが多い。


花確認:
2006(F5)(F6)(F8)
2007(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)
2008(F6)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。