まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤエムグラ

ヤエムグラ 全景
アカネ科
ヤエムグラ属
Galium spurium L. var. echinospermon (Wallr.) Hayek

花は1mmから1.2mm程度。草丈は10cmから30cm程度が多いが、場所によっては70cm以上になっている(※シラホシムグラとの誤認注意。)。薄い黄緑から薄い白緑だが色味はちゃんと感じる花。
独特の輪生の葉をつけシルエットが面白い。
全草に透明の鉤毛が多く、ざらっとして引っかかる(茎の毛はたまに刺さることもあるが。)。

(歌に詠まれた「やえむぐら」は別の植物だ、とか言われているようだが、はるか昔歌を詠んだ人にしか真実は分からない。後世の私たちが勝手にあれやこれや言い言いするのは無粋だ、と思う。)

全草の様子

ヤエムグラ 全景 ヤエムグラ 全景 ヤエムグラ 全景 分かりやすい形で撮ったものを並べたが、実際にはもっとごちゃごちゃしている。
道路の隙間等の個体はあまり分枝せず大人しい小型株になっているが、草地等では下部でよく分枝しかなりおおっぴらに拡がって一叢になっている。
河川高水敷等栄養状態のよい場所では他の草むらに乗っかって育っている「むぐら」らしい姿も見られるが、街中でその育ち方を見ることはまずない。

花序と花の様子

ヤエムグラ 花序 ヤエムグラ 花 ヤエムグラ 花 ヤエムグラ 花の拡大
葉腋から出た花序では2、3本の短い小花柄を出しわりとかたまって花をつける。咲いている状態では花柄・小花柄とも短く詰まって葉に埋もれるようになっている。
花冠は4裂して平開、薄い黄緑。オシベは4本で濃い目の黄色い花粉をつける。花の中央部でほとんど分からない小さな子房の先端から2本の柱頭を出し、それぞれ先端は球状になっている。
花冠はよく見ると中央と辺縁とで3本の脈が筋になっている。また、先端を向いた微細な縁毛が生えている。(肉眼ではどちらもほぼ分からない。)
撮影に失敗すると白く飛ぶので注意。これとやや似た主に白い花の別の植物(シラホシムグラ)があるので後で整理していて勘違いしないように…。

葉と茎の様子

ヤエムグラ 全景・果実 ヤエムグラ 茎 重心が中央より先側にある細い板状の葉を輪生状につける。枚数は5、6、7、8、9、と結構まちまち。10を超える場合もある。一応、6枚程度のものが多い
先端は形だけ針状。他の部分よりは硬質だが、それほど硬くはない。
中央脈の窪み以外は目立たず、縁はやや裏に巻くように丸まっていて、表面には白い立ち上がった少しだけ曲がる毛が散生する。面につや自体は少しある場合もある。
縁裏や裏の脈上にも目立つ立ち上がった少しだけ曲がる毛が散生する。
茎は四角く、四隅は円柱状に膨らんでいる。この角部分に短めの逆刺が散生する。この毛だけは少し硬めで、ちょっと刺さったりする。
茎は全く染まらないもの、全体的に染まるものから縁だけが染まるもの・面だけが染まるものまであるが、周辺では傾向として全体的に緑褐色に染まるものが多い。が、まちまち。
染まりは緑褐色のものから暗紫色のものまである。
なお、茎の節部分で上側や下側に白い長めの開出した毛が密生することはない。あるようなら、シラホシムグラ。

果実期の様子

ヤエムグラ 果実期全景 ヤエムグラ 果実拡大 花柄は結構伸びる。小花柄は伸びるには伸びるがかなり短いまま。子房はわりとすぐに膨らんで、偏心の卵球体の二つの果実になる。
3mm程度しかない。ころころかわいらしい。表面は柔らかい透明の先端だけ急に曲がった鉤毛が密生する。
表面は環境により渋赤紫に染まる。中にはそれぞれひとつ、きれいな球形の種子が入っている。硬い

幼生期の様子

ヤエムグラ 幼生株・子葉 ヤエムグラ 幼生株・子葉 ヤエムグラ 幼生期全景
この植物の子葉がこんなに大きくて丸い形だとは普通想像もしないだろう。子葉の先はちょっとだけ凹んでいる。
その後の葉は4枚でしばらく行くものもあれば、すぐに5枚や6枚になっているものもある。
ヤエムグラ 幼生株赤紫 それなりに育ってから越冬したものでは赤紫の個体も見られるので探してみると面白い。


花確認:
2006(F4)(F5)(F6)
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F3)(F4)(F5)
2010(F5)
実確認:
2006(C5)
2007(C4)(C5)(C6)
2008(C5)

宮城県版のヤエムグラ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。