まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ニワゼキショウ

ニワゼキショウ トップ
アヤメ科
ニワゼキショウ属
Sisyrinchium rosulatum E.P.Bicknell

花は1.2cmから1.5cmと小さいが、塗り分け等、よく見るとかなりきれい。草丈は低く5cmから12cm程度。
先端は白かそれに近い薄紫に濃紫の帯の入った、もしくは渋めの赤紫に濃紫の帯の入った、付け根側が紫と黄色のストライプの花弁が面白い。
6弁あり、基部から少しの間が壷のように丸くなっている。
よく見ると花の付け根は白い開出軟毛でかなり毛深い。
逆に草丈がより高く果実が大きいものの花がこれよりも小さい、オオニワゼキショウというものもある。

全景の様子と花の様子

ニワゼキショウ 全景 ニワゼキショウ 全景 ニワゼキショウ 全景 ニワゼキショウ 全景
ニワゼキショウ 花 ニワゼキショウ 花 白メインのタイプでは、明るいが、真っ白にはなっていなくてやや紫の色味がある。が、直射日光ではほとんど白…。裏面では縦の紫の筋がより濃い。

ニワゼキショウ 花 ニワゼキショウ 赤紫タイプの花 赤紫メインのタイプではやや色合いが渋め。
両色はよく混生もするが、一面一方の色だけの広い草原もある。(小さいものの壮観ではある。)

果実の様子

ニワゼキショウ 果実 ニワゼキショウ 裂開果実と種子の様子 3.5mmから5mmできれいな球形。かわいらしい。
段々褐色になり裂開する。種子はいびつで黒、表面はぽこぽこと無数に窪みがある。


花確認:
2006(F5)(F6)
2007(F4)(F5)(F6)(F7)
2008(F5)(F6)(F7)(F8)
2011(F5)
実確認:
2006(C5)(C6)
2007(C6)(C7)
2008(C5)(C6)(C7)(C8)
2011(C5)

宮城県版のニワゼキショウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。