まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤブジラミ

Torilis japonica (Houtt.) DC.

花は1.5mmから2mm程度、複散形花序。草丈は40cmから70cm程度。
小花序数はオヤブジラミより大抵多くて5本か6本が普通。散形の各小花序内の花数も大抵は多く、6花以上あり8から10程度が普通
茎が緑で毛が白いからか、印象としてはオヤブジラミより茎上部や花柄の毛が目立つ斜上毛。
各花の小花柄は果期にも花期から大して変わらず短く詰まったままで、花数(果実数)が多いこともありかなり高密度に詰まっている。
全草基本的には緑で花は白であるため色でヤブジラミとオヤブジラミを区別する人があるが、ヤブジラミによく染まるものもありオヤブジラミに真っ白なものもあるので、色なんかで判断しては問題がある
広大な河川高水敷なんかでは照りつけが必要以上に強いためか葉縁と脈(葉全面の場合も。)、茎の節周辺、蕾や萼、果実の毛等の各部がはっきりとした渋赤紫に染まるものがわりと多く見られる。

全景の様子

ヤブジラミ 全景 ヤブジラミ 全景 ヤブジラミ 花序
草むらに生える上に各部が細いのでコンパクトカメラではピント合わせがしづらく、しかも花が白く日差しの下では飛んでろくに撮れない。(花優先で撮ると葉等が暗くなりすぎる。)
(この文書内の写真は装備が最悪の状況で撮ったためひどいことになっているので、時間を見つけて再撮影して入れ替えたい。)

花序と小花序の様子・大総苞片と小総苞片の様子

ヤブジラミ 花序 ヤブジラミ 花序 ヤブジラミ 小花序
オヤブジラミより花が基本的に多く一小花序内に8から10花程度はあり、この小花序は散形だがはっきり二段階に分化し外周が先に咲く。内側の花はエネルギー不足なのか最終的なサイズもやや小さい。
タイミングと実際のサイズと、小花柄先端に下位子房が曲がって上を向いてつく都合で上部が揃い小花序は皿状に見える。また、花数の都合で花はかなり詰まって見えるので、ますます皿のよう。
各花を見ると、花弁のサイズに傾向があり、外側に位置する2枚か3枚が極端に大きく、内側に向かっている1枚は最も小さく、間の1枚か2枚はその中間。花弁の形状は深い心形だがやはり位置に合わせて片側が大きくなっていて左右不同になっている。
花弁の中央で山折になっている。
オシベ花糸は白いが葯は薄赤紫で、アクセントになっている。
内側の花で葯が点々と見える丁度よい状態の時期には外周の花は運がよく残っていても既に子房が膨らみ始め、葯は脱落している。
ヤブジラミ 花柄と大総苞片、小花柄と小総苞片の様子 ヤブジラミ 花柄と大総苞片、小花柄と小総苞片の拡大
放射する花柄基部につく大総苞は花柄の数とほぼ同じ場合がほとんどで、5、6枚。※中心部につく一本の花柄の分がない場合があり、「ほぼ」と記した。
似た種のオヤブジラミは多くが退化しているのか1枚が多く、まれに2枚か3枚になる。
大総苞片は線形で花柄と同程度かやや幅広程度で斜上するため目立たない。それなりに長いのだが、さすがに花柄長には達しない。
小総苞片はバランス上長く、果実期でも少なくとも小花柄よりずっと長い。小花柄に沿って張り付くように斜上するため目立たない。幅も小花柄と大差ない。花につき1枚ある。

葉の様子

ヤブジラミ 葉 ヤブジラミ 葉 ヤブジラミ 赤紫の葉
一回から二回三出羽状複葉で、それぞれの小葉は羽状に裂けさらにその裂片も羽状に裂ける。細かい。脈の彫りは側脈でも結構はっきりしている。
全面赤紫の葉も探せば結構見られる。
茎は縦に稜状になる。毛は下部から中部では少ない。節周辺が染まる個体は割と見られる。

果実の様子とその拡大

ヤブジラミ 果実 ヤブジラミ 果実 ヤブジラミ 果実の拡大
果実期にも小花柄は短いままで、多くは花数が多いのも手伝って皿状に密集して並んだ感じになる。
時折少し伸びているものもあるが、本当に少し伸びたな、くらい。ひとつひとつの果実がばらばらに見えることはない
各果実は分果で中央部の糸状の中軸胎座に先端でつながったまま基部側が外れてぶら下がり(胎座に対し「倒生」なので先で繋がる。)、ぷらぷら風に揺れていて面白い。
無毛の隆条がありここは色が明るく、それ以外の窪んだ部分は色が暗くなる。この暗い面部分だけ斜上する鉤状の軟らかい太い毛が密生する。
接合面は隆条がありそれ以外が特に濃くこげ茶色。かなり黒っぽい。

花確認:
2006(F5)
2007(F5)(F6)(F7)
2009(F6)
実確認:
2006(C5)
2007(C6)(C7)
2009(C6)

宮城県版のヤブジラミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。