まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

トキワハゼ

トキワハゼ トップ
ハエドクソウ科サギゴケ亜科
サギゴケ属
123456789101112

Mazus pumilus (Burm.f.) Steenis

花は幅6mmから7mm程度。長さは1cm程度。小さい。
ムラサキサギゴケとやや似るが、地面を縛るように節から発根しながらあたりに広がる「匍匐枝」(ストロン)を出さない。花のサイズもかなり小さく、花のシルエットも異なる。色については傾向にすぎないものの下唇は胴よりも明るい例が多い。白とは限らないので注意。
草丈は2cmから10cm程度と低いが、基本的に、花茎がしっかり伸びて複数の花をつける。15cm程度になっている場合もある。
下唇の白具合と立っているか這っているかという妙な識別点を勝手に作って「区別」している人が結構いるようだが、それでは実際には区別できない。
環境により立つものもあれば寝ているものもあり色もまちまち。
なお、どう伸びた個体でも茎の質はしっかりしているのが基本。花茎には葉がない場合が多いものの、それ以外では下部で対生、中部以上で1、2枚程度互生して葉をつける。苞葉・苞は持たない。

両種は実物での個体差はもちろんモニタ環境・カメラの色制御の違い等でも色味が変わって写真では区別しづらい場合もあるのだが、きちんと色ではなく形や性質を把握している場合、実物では間違えることはそうないと思う。他人が撮った写真では個体差を含めて考えた場合判断しきれない個体も多い。

下唇が白いという先入観をなくしてもらうため、画像は下唇も濃いものを入り混じらせて掲載しておく。

全景の様子

トキワハゼ 下唇が白く見える、立った花序を(も)持つ個体 トキワハゼ 草地でよく立った花序の個体 トキワハゼ 畑裸地での全景 トキワハゼ 畑裸地での全景
環境で姿が大きく異なる
他に色々生えている草地か、陽光地でも林縁では、花序がよく伸びて立っている個体が多め。
邪魔のない畑等の裸地では、(超小株以外では)茎は地際で水平に伸びて拡がる場合が多い。
這っているように見える茎をひっくり返してみても、匍匐枝(ストロン)ではなく普通の茎なのでひょろっと伸びていないし節に根も出ていないし、先の方はそのまま花序になり複数の花をつけている。
左は話を展開する際にはありがたいのだろう、下唇が白く、よく立った個体に見えるもの。(実際には透明板でやや遮光すると白ではないのが分かるし、立っている花序・茎ばかりではなく横に伸びて地際を育つ茎も出ている。)
右は、畑でじりじり照りつける場所。他の植物もアントシアニン系の色素が多くなっているのか色が濃い植物が多い。

花の様子

トキワハゼ 花 トキワハゼ 花 トキワハゼ 花 トキワハゼ 花
一応は塗り分けがわりとはっきりしている場合が多い。
上唇の先端は2裂し、真っ直ぐ先端側に斜上していてほとんど立ったり巻いたりしない
下唇は3裂し、日光下ではほとんど白に見えるような明るいものが多め
下唇の側裂片は花の縦方向にはあまり長くなく、横方向に大きく広がって見える。花のシルエット上、下唇のバランスは小さめなので、胴(筒)部分が少し太めに見える
下唇中央部には、上唇で少し隠されているが花の中へ続く長い米粒のような二畝があり、この上には卵黄のような鮮やかな斑紋がある。斑紋は独立して不整に3から6個程度がそれぞれの畝に並んでいて、最も前にある斑紋の塊は大きく、この塊をよく見ると丸っこい濃い複数の斑紋を薄い染まりでひとつにまとめている感じ。更にこの斑点の塊の周囲は白で縁取られている。白の縁取りの外で下唇の白っぽい部分と境界になる部分はやや青紫色が濃く、特に畝の前サイドと下唇切れ込みの先との間では強めの染まりになる個体が多い。
胴(基部側)はやや偏平でマヨネーズボトルを逆さにしたような形状。先側・基部側は色が薄いものの、中間部はかなりはっきりした青紫系の染まりになっている。
下唇上面の斑紋部分は見えているエリアが狭く、斑点の数もムラサキサギゴケと比べ少ない場合が多い。
上から平面として見た場合に、狭いのと上唇が被っているのとで斑紋部分はあまり見えない。なお、斑紋部分にはこん棒状というか野球バット状の透けない毛が生えるが、ムラサキサギゴケほどは多くない。外側では胴の基部寄りの部分にも同様だが短く目立たない毛がかなり生えて実は毛深い。
萼は外も内も白くきらきらする腺毛が生える。

※目を凝らしていただければ分かると思うが、どの一枚も、下唇は実際には白ではない。斑紋縁取りの白と、下唇の色とは異なる。(すべて下唇が白に見えるのなら、ディスプレイかグラフィックボードの設定を少し調整した方がよいと思われる。)

トキワハゼ 畑裸地での染まりの強い花 これもトキワハゼ。畑の裸地。ぎらぎら照りつけるため、C-PLフィルターを使って多少取り戻して撮ったもののちょっと薄めに写っている。もっと濃い。ちょっと都合で、透明板を使って遮光できなかった。

茎と葉の様子

トキワハゼ 畑裸地での全景・葉・茎 トキワハゼ 茎と葉 トキワハゼ 茎と葉 トキワハゼ 下部の葉
下部で対生の葉を少しつけ、葉腋か先端が花序になっている。長く伸びて節から根を出したりはしない。
茎には白い開出短軟毛が生えていて、特に若い部分で腺毛が目立つ。
葉はサジ形・ヘラ形で、先は狭長楕円で基部側は長い漸線形で翼状。鋸歯縁か波状縁。基部側の縁裏あたりには白い開出毛がかなり密。

果実の様子

トキワハゼ 果実 トキワハゼ 果実 トキワハゼ 果実と種子 ずんぐり下膨れしている。割ける線に対して水平方向に扁平な卵体。すべすべした印象。蒴果の果皮や萼は段々若草色のような緑褐色から黄褐色になり、蒴果はぱかっとふたつに割れて種子をこぼす。種子は橙褐色。

トキワハゼとムラサキサギゴケの花の図

トキワハゼ ムラサキサギゴケ 花 写真より理解が早いと思われるので両種の花の比較を図で示す。(サイズバランスもこの程度。)

白に近い個体

トキワハゼ 白にわりと近い花 トキワハゼもムラサキサギゴケ同様白花ものが実際あるのだが、たまたまカメラを持っていなかったりとどうも撮影運に恵まれない。
仕方ないので(という言い方はこの個体に失礼だが)、色味が極端に薄く肉眼では一見白いものをとりあえずということで掲載しておく。
シャッター速度を上げまくって撮ったのでこのように胴の色が浮かんでいるが、肉眼では完全に純白に見える。


花確認:
2006(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)(F12)
2007(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)
2008(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)
2009(F6)(F7)(F8)
2011(F4)
実確認:
2008(C5)
2009(C8)

宮城県版のサギゴケ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。