まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カジイチゴ

カジイチゴ トップ
バラ科
キイチゴ属
Rubus trifidus Thunb.

2m程度の低木。枝はわりとしなだれるように下がっているので、花や実がちょうど見やすく個人的にありがたい。
花は3cmから3.5cm程度で大きい。
見慣れていないと、一見、巨大で太身の葉のモミジイチゴのようだが、モミジイチゴほど葉が細く深裂はしていない。また、花が上向きにつく上に複数が集散花序につき、茎に棘がないのですぐ分かる。花弁もかなり異なる。
花弁は、形状はきれいだがくしゃっとよれている。
(おいしいが、中によくアザミウマ他、色々居る。)

引いた写真

カジイチゴ 全景 カジイチゴ 花

蕾と花の様子

カジイチゴ 蕾 カジイチゴ 花の拡大 萼と小花柄にはびっしりと軟毛が生える。
いくつもまとまっている立派な蕾を見ると、気が早すぎるのだがつい果実まで想像してしまう。
花弁はふっくらしていて、整った理想的な梅花形状なのだが、かなりのしわくちゃ。

葉と葉柄の様子

カジイチゴ 葉 カジイチゴ 葉柄 葉はつやが強く、緑が濃い
下手すると若干ビニールっぽい感も…。
5裂程度で、各裂片は広い。縁は重鋸歯。
葉柄は腺毛らしき開出毛が密生。

果序の様子

カジイチゴ 果序 カジイチゴ 果実
斜上して多くつき、目立つ。ごろんとわりと大きい。

果実とひとつの液果

カジイチゴ 果実 カジイチゴ 果床 カジイチゴ ひとつの液果
一旦黒に近い渋い緑褐色になってから、鮮やかな、黄色味の強い橙に変わる。途中の色を見ているとやや気持ち悪い感もある。
実色は赤みが少ない。
実の集合は2cm程度、ひとつの液果は4mm程度
なお、甘酸っぱくて美味。
果実は6月までには熟す。

冬の様子

カジイチゴ 冬芽 森の中で冬芽をつけている個体を見つけた。ひとつはもう小さなかわいらしい葉が出ている。


花確認:
2006(F5)
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F5)(F6)
2009(F3)(F4)
2010(F3)(F4)
実確認:
2006(C5)
2007(C5)(C6)
2008(C6)
2009(C6)

宮城県版のキイチゴ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。