まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

スカシタゴボウ

スカシタゴボウ トップ
アブラナ科 イヌガラシ属
123456789101112

Rorippa palustris (L.) Besser

花は1mm程度でイヌガラシより一回り小さい。草丈10cmから15cm程度。
切れ込みの極端に多い葉
イヌガラシに草丈と花色は若干似てはいるが、葉がすべてよく切れ込み果実が俵型気味に短い。果実は長さ6mm程度。
(イヌガラシは、細長い棒状の湾曲した果実が斜上する。)

…これをイヌガラシと間違えることはありえない。

全景の様子

スカシタゴボウ 全景 スカシタゴボウ 全景 スカシタゴボウ 全景 全体のバランスは、イヌガラシよりも円錐シルエットで、根生葉がバランス的にかなり大きく途中の葉は小さめ。

花序と花の様子

スカシタゴボウ 花序 スカシタゴボウ 蕾と花 小さいのに見事にアブラナ科な形。精巧だなと思う。かなり整っている。
花弁は倒卵形の基部が引っ張ったように伸びる形で、しゃもじのような形。
オシベは6本。

葉の様子

スカシタゴボウ 下部の葉 スカシタゴボウ 下部の葉 スカシタゴボウ 上部の葉 不規則な強い切れ込みの葉。
イヌガラシと異なり、上部でも切れ込む。

スカシタゴボウ 葉 葉柄に葉身がそのまま流れ基部は左右に少し膨らむ。それほど目立たない。

接地する葉腋での発根

スカシタゴボウ 発根 茎の葉腋の上下では接地していると発根する。

果実と種子の様子

スカシタゴボウ 果実 スカシタゴボウ 果実 ほぼ横向きに強く開出していて、やや上に傾く。
果実期の果柄は果実より少しだけ短い
果実は短い。先端側と基部側が少し膨らんで丸くなっている。落花生の括れを弱くしたような形と言えばよいか。
種子がやたら目立つので、裂開しているとちょっと汚い感じ。

スカシタゴボウ 果実 スカシタゴボウ 果実 スカシタゴボウ 果実 蓋は妙に立体的だが仕切りは平ら。仕切りで区切られたそれぞれの側で、幅のある仕切りの左右縁から種子への柄が伸びているが種子は2列にならず積み重なっている。
熟す前から蓋が外れているものが結構多く見られる。積み重なってどんどん膨らむ種子に耐えられないのだろうか。
種子は明るいオレンジシャーベットのような色。もうちょっと進むともうちょっと濃く褐色気味になるが。


花確認:
2006(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)
2007(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)
2008(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)
2009(F8)(F9)(F10)
実確認:
2006(C5)(C6)(C7)(C8)(C9)(C10)
2007(C3)(C4)(C5)(C6)(C7)(C8)(C9)(C10)
2008(C4)(C5)(C6)(C7)(C8)(C9)(C10)(C11)
2009(C8)(C9)(C10)

宮城県版のイヌガラシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。