まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アツミゲシ

アツミゲシ トップ
ケシ科 ケシ属
123456789101112

Papaver setigerum DC.

※この記事のものは何箇所かのものだが、全て通報済み。

花は平開せずふわっと柔らかくコップかお椀になり、径3.5cmから5cm程度。草丈は通常は40cmから60cm程度。公園等で植栽の見られる「ポピー」と比べれば花がはるかに小さいが、ナガミヒナゲシより一回り以上大きい。
ナガミヒナゲシ同様、2~3cmくらいの矮小株が数mmの花をつけることも多く、かなり柔軟な生育をするものだと思う。
あへん法の取り締まり対象で基本的に栽培禁止のケシのひとつで、保健所や警察のパンフレットで「セティゲルム種」と紹介されている種類。ソムニフェルム(ケシ科ケシ属「ケシ」)よりは丈も花も果実も小型。
ちょっとしわしわの多い薄い渋赤紫でお椀型になった花はちょっとだらしないかもしれないが、色はきれい。花弁基部には黒っぽい逆台形状の滲んだ濃い斑があり、後は先端側に向けてきれいなグラデーションで薄くなる。模様はよいアクセント。
茎と萼と葉縁・葉裏脈上にはまばらに長い開出毛があり、ちょっぴり気持ち悪い。ただし毛の量についての個体差はかなりあり、群落内でも大きな差がある場合が多い。
蕾の時期に頭を下げているのがちょっと不気味。

ナガミヒナゲシの群落に混生したりもする。(以下の写真でも、一緒に写っている鮮やかなオレンジはナガミヒナゲシ。)
道路脇の植え込みや畑脇等の裸地に急に生えてくることもある。
個体差での花色の変化もあるが、咲き始めと最盛状態の花とでだいぶ色が薄く変化する。(ナガミヒナゲシもそうだが。)

栽培禁止のケシと対処

もちろん植物が悪いわけではないが、人間の心のせいで日本では法律上、通常はあってはいけない(※栽培に許可が必要)ものなので、発見時には管轄の機関(保健所や警察)へお知らせを
(海外では庭に普通に植えられ、絵葉書なんかでもきれいに写っていたりするし某有名なコンピュータメーカーでプリセット壁紙の1枚にもきれいに咲くケシの写真があるが、よそはよそ。あくまでも、日本では栽培できないもの。)
通報で面倒事になるのがどうしても嫌な場合…
周辺の地図に「ケシ」と印をつけて管轄の保健所に自宅ではなくコンビニ等からFAXする手もある。相手に失礼という点もありあまりよい対応ではないのだが、「相手は税金使って仕事のひとつとしてやってることなんだから」と割り切り、やむを得ないものと思うしかない。

なお、発見した場合、大抵周辺にまだ子株のものや矮小株もあるのが普通なので、しっかりそれらも丸で囲む等してマーキングした上で通報すると分かりやすい。
ぱっと5、6株見当たったら、実際には微小株を合わせれば20株以上はあると考えた方がよい。
※駆除作業の後に大量に取り残しがあるのは普通で、管轄機関の方が別に手を抜いて作業をしているわけではなく、色々混生していると花のない株が目立たない上に超矮小株もある植物なので、仕方のないこと。…とにかく根気よく通報するしかない。
なお、これらの植物はたとえ自分の土地だろうと自ら処分してはいけないので注意。

全景の様子

アツミゲシ 全景 アツミゲシ 全景 アツミゲシ 全景 アツミゲシ 全景
アツミゲシ 全景 アツミゲシ 全景 アツミゲシ ナガミヒナゲシと混生 葉はそれなりに大きめだが、かなりひょろっとした印象になる。花柄はかなり長く伸びる。ゆらゆら揺れてちょっと撮りづらい。
(毛が少ないタイプもある。)

アツミゲシ 矮小株全景 アツミゲシ 全景 アツミゲシ ナガミヒナゲシと ナガミヒナゲシ等と同様で極端に矮小なものでもすぐに1cmもないような花をつけたりして小さな実になり、繁殖能力は高い種類だと言える。
右は、小さめに育ったナガミヒナゲシと同じサイズで同様に小さめに育っている個体。私の場合は毎年どこかで見かけてその度にその地域の保健所に通報してるので見慣れていて花がなくてもすぐに気づくが、花がない状態で混じっているとすぐにそれと分からない人もいると思う。

蕾から開花への様子

アツミゲシ 蕾 アツミゲシ 花柄のだいぶ伸びた蕾 アツミゲシ 蕾 アツミゲシ 蕾から開花
強く曲がっていた花柄が立ち上がりながら、開出気味の斜上剛毛の散生するふたこぶの萼がぱかっと割れて花が出てくる。
割れ方は下から上からとまちまち。開花前の萼はベージュで、質は薄い。すぐ落ちる。
アツミゲシ 蕾から開花 アツミゲシ 蕾から開花 アツミゲシ 蕾から開花 アツミゲシ 蕾から開花
アツミゲシ 蕾から開花 アツミゲシ 開いたばかりの濃い花 朝の5時くらいから徐々に開花するが7時頃には勢いもつくようでよそ見している間に新たな蕾が割れていて、面白い。

花の様子

アツミゲシ 花 アツミゲシ 花 アツミゲシ 花の拡大 アツミゲシ 花の拡大
かなりしわしわの花弁。しわは少しずつは取れるが、基本的にある程度分かりやすいくらい残る。陰影がよく出るので面白い。
花弁は広倒卵形で先端側は不整な歯牙状に切れ込んでいる。質はかなり薄い。(そういえば昔はこんな質の紙があったが最近は見かけない。)
縦の筋模様も結構はっきり入っている。
割と深いカップ状なので横からは分からないが、上から覗くと丸い子房とその頭の放射模様花弁基部の特徴的な模様が見える。
アツミゲシ 花の拡大 アツミゲシ 花 アツミゲシ 花 アツミゲシ 花拡大
8本程度の放射状の切れ込みのようになっている部分は柱頭で、よく見ると毛でぼさぼさしているが、果実期ほど毛感はなく幅も狭い。それらの間にある爪状に立ったヒレのような赤紫の部分は、半円の連続で成る蓋部のしわ寄せタック。何のためにそのようになっているかは分からない。果実が段々膨らむ過程かもしくは熟した後に乾燥して蓋部と下部が分離する過程のいずれかに、何かしら柔軟に対処するための仕組みがあるのかもしれない。これは子房の色の薄い筋と同じ位置にある(何もない部分)。なお、柱頭の放射の方は緑の筋(子房の仕切り部)と揃っている。
柱頭先端やこのヒレをつないでいる段から上が蓋部になる。
開花して中が見える頃には自分のオシベから受粉している。
オシベの花糸は濃い黒紫で、葯はくすんだ藍色。花粉は辛子色。

葉や茎、蕾の様子

アツミゲシ 葉 アツミゲシ 葉 アツミゲシ 葉 アツミゲシ 葉
アツミゲシ 中部の葉 アツミゲシ 葉裏 アツミゲシ 葉裏 葉は基部が茎を抱くようにつくのが特徴。強めに斜めに立っている。羽状中裂から重鋸歯に段々細かくなるような縁。鋸歯先端はやや突起になり更に先が毛状になっていて白っぽい。
ナガミヒナゲシのような深い切れ込みにはならない。全体的には無毛ですべすべしているが光沢はなく、少し粉っぽい印象。ぱっと見た感じでは少しばかり肉厚な印象があるが実際には薄く軟らかい。脈が光を通し面白い。周囲に生えている草と比べると明るい色で、瑞々しい白味のある緑が多い。青白い印象のものもたまにある。
葉縁、葉裏主脈上に開出した白っぽいはっきりした長い毛(何となく肉質)が散生する。
葉縁は実は裏からよく見ると舟形に閉じていたり強く裏に巻いていることも多い。朝にはこの部分や毛基部に水滴がついて面白いオブジェになっている。(ナガミヒナゲシの水滴も面白い。)
アツミゲシ 下部の葉 株元では羽状中裂から羽状深裂と、結構深く切れ込む。最下の痛んだ葉以外は斜上して立っている。

アツミゲシ 花柄 アツミゲシ 蕾 「危険」な液 茎と、花柄、蕾時にある萼片には長い開出気味の太く目立つ毛がややまばらに生えている。花柄が伸びていない時期は密集するのでかなり毛深く見える。
右は数日前に花をもぎ取られたようで(地域の散歩道なので、きれいだと思ってじいさまばあさまがちぎっていった可能性がある)、黒褐色の液が大量に流れている。

アツミゲシ 葉を透ける光 ついでに、夕光の透ける葉の様子。

若い果実の様子

アツミゲシ 若い果実 アツミゲシ 果実 アツミゲシ 若い果実 ころんとした倒卵球体に膨れるやや薄色の緑。基部は一旦括れてから広がり台座状になって、広がった花柄とくっついている(隙間あり)。面白い形をしている。上部には柱頭とヒレ状突起が残り模様として面白い。当初張り付いていたこの部分は、段々持ち上がって平たくなる。

ちょっと遊んでみた写真

アツミゲシ ナガミヒナゲシと 棒つきキャンディー アツミゲシ 空と アツミゲシ 空と 蕾ばかりのところを横からやや引いて撮るのも面白い。棒つきキャンディーのよう。ナガミヒナゲシと混生しているとより面白い。
下から少し見上げるように空と撮ると、以外にぴんと伸びているのを感じられてこれも面白い。

超矮小株

アツミゲシ 超矮小株の果実期 二株とも、アツミゲシ。
花壇や植え升の下(特に、継ぎ目の真下等)の砂地・土だまりには、雨で流れた種子が育つことがわりとある。これをうっかり取り残すと翌年には種子の拡がりが激増する。
これを、同じような場所に同じように生育したナガミヒナゲシと区別するのは毎年見慣れていないと難しい。
この写真の場所は道路と遊歩道との間の段差が植え升になっているところで、升の下が斜めに奥に切れ込んでいる「取り残し推進構造」、と言える。…これは厄介。実際、奥に生えている超矮小株がかなりあった。集中度合いは、継ぎ目の下近辺がやはり高い。


花確認:
2006(F5)
2010(F5)
2012(F4)
2013(F4)
実確認:
2010(C5)

宮城県版のケシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。