まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ムラサキケマン

ムラサキケマン 全景
ケシ科
キケマン属
Corydalis incisa (Thunb.) Pers.

花は長さで2.5cmから3cm程度。
似たような花が同じ仲間に多いが、この種は葉が丸っこくないので割とすぐに区別できる。

蕾時期と花期の花序と花の拡大

ムラサキケマン 蕾 ムラサキケマン 花序 ムラサキケマン 花の拡大
ムラサキケマン やや青みの強く色の薄い花 蕾時期は上向きにすぼまっているが段々各部が伸びてせり出し支えもなくなりぶらんと頭が少し下向きになる。
苞葉も葉と同じように細かく裂ける
花の色にはいくつかあるとされているが、段階や日照によって赤みが少ない群落・個体もあり、ある時期に一度見ただけでその個体をユキヤブケマン・シロヤブケマンと判断してよいものではないと思う。
下段の写真のものは上段中央と同じ場所のもので、後日普通の赤紫になった。(※ただし、同株内でもほぼずっと日陰になる位置の花序では最終的にもやや赤みが薄かった。)

葉の様子

ムラサキケマン 葉 ムラサキケマン 葉 かなり細かく裂けているが裂け方は結構まちまち。
強く切れ込んでいる部分の谷部分はやや色味が抜けていてぼんやり白緑に見える。

果実の様子

ムラサキケマン 果実 果実は開出気味に斜上している果柄から真下にぶら下がる
形状は曲がらず真っ直ぐ。やや扁平でエッジは鋭い。

幼生期の様子

ムラサキケマン 幼生期全景 ムラサキケマン 幼生期の葉 極めて特徴的な質感と色、斑点の葉。小さいが結構目立つ。
この色模様は育つにつれほぼ完全に消失する。


花確認:
2006(F4)(F5)(F6)
2007(F3)(F4)
2008(F4)
2009(F4)
実確認:
2006(C5)
2007(C3)(C4)
2009(C4)(C5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。