まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

マメグンバイナズナ

マメグンバイナズナ 花序
アブラナ科
グンバイナズナ属
Lepidium virginicum L.

花は1.8mmから2.5mm程度。草丈は20cmから50cm程度。
ナズナにサイズも含め何となく似るが、果実は丸くて薄い小さなうちわのようになり、花序は倍以上密につまってにぎやか、また、上部でかなりかたまって分枝し枝は開くので重心が変。
葉は細長く4cm程度。

全景・分かりやすい花序

マメグンバイナズナ 全景 マメグンバイナズナ 花序 マメグンバイナズナ 花序 極端に上部でよく分枝した姿が面白い。込み入っていてごちゃごちゃした感じ。
花序軸や花柄には若いうち微軟毛が散生するがやがて目立たなくなる。

全景と花序と花の拡大

マメグンバイナズナ 花序 マメグンバイナズナ 花 マメグンバイナズナ 花 あまり目立たないが花弁はちゃんとある。1枚長さ0.7mmから1mm程度。
右は果実になりつつあるもの。

葉の様子

マメグンバイナズナ 葉 マメグンバイナズナ 葉 葉は基本的に形状は倒披針形から線形で、縁は荒々しく切れ込んだり波状になったりする。(左のサンプルのようなものは、小株や、上部の葉にある。)

果実期の全景の様子

マメグンバイナズナ 果実期の全景 大株で60cm以上ある群落。ナズナと異なりかなり高密度。
この時期には薄いベージュと薄い赤紫に染まっている。

果実と種子の様子

マメグンバイナズナ 果実 マメグンバイナズナ 果実と種子 マメグンバイナズナ 種子 円形の果実は段々と赤変し、やがて茶色くなる。
果実は2.5mmから3mm程度で、縁はやや不明瞭だが境界ができ翼状になっている。先端側ほど広い。似たようなニセマメグンバイナズナでは、この部分に翼がない上に果実形状は先端側の方が広い。
通常見られるのはすべすべの果実だが、毛の生えることがある亜種も存在する。(この亜種は果実期に果柄が偏平になる。)
果実は中央で割れ、それぞれの半円の中に1つ、計2つの種子が入っている。種子は1.2mm×1mm程度で、極めて薄い。
(花柄と仕切りはナズナと同じ披針形。)
似た花のヒメグンバイナズナとの分かりやすい区別点として、種子の周りには半透明の縁取り(翼)がある


花確認:
2006(F5)(F6)(F7)
2007(F5)(F6)(F7)(F8)
2008(F5)(F6)
2012(F8)
実確認:
2006(C5)(C6)(C7)
2007(C5)(C6)(C7)(C8)
2008(C5)(C6)(C7)

宮城県版のグンバイナズナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。