まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ツボミオオバコ

ツボミオオバコ トップ
オオバコ科オオバコ連
オオバコ属
123456789101112

Plantago virginica L.

目立たないが、花は1mm程度。花序部分は3cmから4cm程度が多いが、7cm程度になるものもわりと見られる。
草丈は5cmから10cm程度が多く、果実期に向けてだんだん長くなる。環境によっては異様に大型化し花期でも30cmを軽く超える場合もある。
花茎や葉裏(一応、表にも)に白い開出した長軟毛がびっしり生えていて、白っぽく見える。フラッシュを使用すると毛が白飛びするので注意。
茎の下部や葉の付け根は時折赤紫になる。
時期や環境では閉鎖花が多く、開いた花に巡り会えない人も結構いたりする。
裸地(荒れ地や、砂利上、街路樹帯の植え込み脇等)によく育ち、草地ではほかの草に負けている。

全景の様子

ツボミオオバコ 全景・花・葉 ツボミオオバコ 全景 ツボミオオバコ 全景と周囲
ツボミオオバコ 全景 ツボミオオバコ 巨大株全景 上段のようなものならかわいらしい姿だが、環境等により下段のような巨大な株になるものも多い。

花序・花と葉の様子

ツボミオオバコ 花 ツボミオオバコ 花 ツボミオオバコ 花序
白い軟毛の多い明るい緑のものは萼で、開いている薄皮が花弁(狭卵形)。オシベの葯はバランス上結構大きく、赤紫で鮮やか。
右は閉鎖花の花後の花序。膨らんだ子房の先に窄まったままの花弁が残っているので少し目立つ(花後。茶色い部分)。こればかりを見る人も多いか。
ツボミオオバコ 葉と花茎の様子 ツボミオオバコ 葉 葉にはややつや自体は感じられるのだが表面にも毛は結構生えている。裏面はかなり密生
オオバコよりは狭くヘラオオバコより広い、披針形の葉。また、柄状になる部分への葉身の流れ方もその両者のちょうど中間的。

果実期と果実・種子の様子

ツボミオオバコ 果実期全景 ツボミオオバコ 蒴果(蓋を取ったものと中の種子) ツボミオオバコ 蒴果(蓋が取れている) 花弁がくっついた蒴果上部がきれいに取れると、中に多少つやのある種子が見える。

幼生期の様子

ツボミオオバコ 幼生期 荒れ地に多いためか、なめした革が直射日光下で傷んだような変な不整な反りや曲がりがある。やや立っているので地べた付近で何か他のものを撮影していると目立って気になる。結構特徴的。


花確認:
2006(F5)
2008(F5)(F6)(F7)
2009(F4)(F5)(F6)
実確認:
2008(C6)(C7)
2009(C5)(C7)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。