まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コセンダングサ

コセンダングサ 頭花
キク科
センダングサ属
Bidens pilosa L. var. pilosa

花は頭花の径で8mm?1.2cm程度、少し渋い山吹色で、小さいが道端では目にはつく。草丈は30cm?2m程度とかなりまちまちで、環境で大きく異なる。一応60cm?1m程度が多い。ひょろっとしているがきちんと主茎が直立する。主茎とそれ以外の差が大きいので少し姿が異様。
舌状花が一枚もない筒状花のみの花で小花数も少なく、あまりきれいとは言えない。
最近では通年咲いている。
また、外周の数個の筒状花(ほとんどの場合5個)が発達し色も白くなるアイノコセンダングサもあり、コセンダングサとコシロノセンダングサとの変種間交雑種とされている。(そちらの記事参照。)

全景の様子

コセンダングサ 全景 全体がひょろひょろして頭花が少なく小さいので背景にフォーカスが行きがちでコンパクトでの撮影はしづらい場合も。

頭花の様子

コセンダングサ 頭花 コセンダングサ 頭花 コセンダングサ 白味のあるほんの少し大きくなった小花のある頭花の例
右のようにほんの少し白くなってほんの少し大きく形状も少しだけ変わった小花がつくことも多く、アイノコセンダングサとの境界は明確にできない。またアイノコセンダングサとコシロノセンダングサとの境界の方も明確にはできない。
小花はよく突き出た位置にあり総苞が細身なため先端が広がっている。
太身のダガーのような総苞は先端周囲の縁に白い軟毛が目立つ。この総苞の内側片は印象としては薄手のプラスチックのよう。最外片は反るものが多い。

葉の様子

コセンダングサ 葉 コセンダングサ 葉 コセンダングサ 葉
葉は少数の羽状複葉(3小葉か5小葉)で頂小葉は複葉に近い3深裂になっているものも多い。各小葉や小葉様の裂片は太身のものから細身のものまであり、卵形?狭卵形、披針形までありまちまち。側脈は結構目立ち、それ以外に細切れのY字やJ字の模様も見られる。葉縁は細かいがはっきりした鋸歯が並ぶ。縁は若干赤紫に染まるものが多い。秋・冬には渋い赤紫になっているものが多め。
茎の節、小葉の節や、軸上部の縁に白い軟毛が結構生えている。茎の他の場所にも多少生える。

果実の様子

コセンダングサ 花後?若い果実 コセンダングサ 果実 コセンダングサ 果実
コセンダングサ 果実 文献によっては先端の棘は3本?4本となっているが、実際には2本のものもある模様で、この写真の個体も2本のものが混じる。もちろん2本?、となっている文献もある。3本が立体的な位置に生えるものが多い。刺には逆刺が多数あり、よく引っかかり肌にも刺さる。
なお、アメリカセンダングサと異なり、周囲と中央とでそれほど極端な痩果形状と大きさの差はない。
痩果本体の先端半分程度には若草色から褐色に変わるぷつぷつが見られ、よく見ると基部が膨れた毛であると分かる。腺毛の模様。こちらは棘部の逆刺と異なり斜上する直毛。


花確認:
2006(F5)(F6)(F7)(F9)(F10)(F11)(F12)
2007(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)(F12)
2008(F5)(F10)(F11)
2009(F3)(F3)(F9)(F10)(F11)(F12)
実確認:
2006(C6)(C7)(C10)(C11)(C12)
2007(C1)(C2)(C3)(C4)(C5)(C6)(C7)(C10)(C11)(C12)
2008(C10)(C11)
2009(C9)(C10)(C12)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。