まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ウラジロチチコグサ

ウラジロチチコグサ 全景
キク科 ハハコグサ属
123456789101112

Gnaphalium coarctatum Willd.

花は頭花の長さで3mmから4mm程度。花序は最初かたまっているが、徐々に伸びる。草丈は15cmから30cm程度。
この仲間としては異様に濃い、つやのある鮮やかな緑の葉はヘラ状で切れ込み、縁は波打つ上に細かい不整な鋸歯が顕著
花は総苞が膨れるため、例えはどうかと思うが「らっきょう型」になる。
砂利の上など乾燥した荒れ地にもよく育つ。

花序周辺と頭花の拡大

ウラジロチチコグサ 花序 ウラジロチチコグサ 頭花拡大 段々小さくなる葉腋に段々に花序のかたまりができているのだが、密集度が高いため果実期にひょろっと間延びするまでは全体としてひとつの穂のように見える。
頭花は暗い渋赤紫でつやがある
滅多にわざわざ見る人もいないとは思うが、鮮やかな黄色のシベが目立つ。
頭花の先端には蜜が大量に浮いている。
よくアリが舐めているのを見る。

葉と株元の様子

ウラジロチチコグサ 葉表 ウラジロチチコグサ 葉裏 ウラジロチチコグサ 株元の葉 葉は下部から上部までヘラというかサジのような形状で、がたがたの鋸歯が目立つ表面に毛がなくつやがやたら強いのですぐにこの種とわかる。
葉裏には他のこの仲間同様、伏した軟毛が密生する。
先端は円頭凸端。
中央脈は表からも裏からも目立つ。
鋸歯の先端は渋赤紫。
茎は膜状にくも毛がまとわりつき、粉をふいたように真っ白になる部分が多いので、葉とのコントラストは強い。
ところどころ剥げているが。
株元では大量に分枝している。

果実の様子

ウラジロチチコグサ 果実 ややぼさぼさくしゃくしゃしただらしない冠毛をつける痩果。
これが飛び去った後の星型に開いた総苞はわりときれい。


花確認:
2006(F5)(F6)
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F5)(F6)(F7)(F8)
実確認:
2006(C6)
2008(C5)(C6)(C7)(C8)

宮城県版のハハコグサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。