まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

キケマン

キケマン トップ
ケシ科
キケマン属
Corydalis heterocarpa Siebold et Zucc. var. japonica (Franch. et Sav.) Ohwi

花は長さ3cm程度。大株になるものが多いので花序がいくつもつく場合が多い。
距はせいぜい5mmから6mm程度。
基本的には、花弁の上唇先端に薄い紫と茶の濁ったような斑ができる。
草丈は40cmから50cm程度、大株では80cm程度。全体の印象はかなりアンバランスに野太く、茎は1.5cm程度になるものまである。ゴムホースのよう。

全景の様子(大株)・花序

キケマン 大株全景 キケマン 花序 初めて見ればこれが一株とは思うまい、というような大株。葉も茂り、異様。
キケマンではこれは普通にあること。

花の拡大

キケマン 花 キケマン 花 キケマン 花
紫の斑が特徴的。
正面から見るとやたら複雑で面白い造形。
キケマン 花の距・苞葉・花柄 距は太く短い。花柄は1cm程度。苞葉は5mm程度で狭卵形で全縁。花柄の下側にほとんど貼り付いているので目立たない。

露出したオシベ・メシベ

キケマン 花の距・苞葉・花柄 キケマン 花のシベが露出 キケマン 花のシベが露出
「口」が開いた時点で花が「花然」としているので既に開花だと思うが、後期になってようやく中央部の構造物の上側が割けて下に垂れ、包まれていたオシベ、メシベが露出する。
花粉はクリーム色。メシベは面白形状で、花柱先端がやや湾曲したT字状に縦に伸びていて、周囲に半透明若草色のいぼ状の柱頭が数個見られる。具体的には、先端面に2個、Tの左右面(かなづちで言えばたたくとこ)に複数個。

葉と果実の様子

キケマン 葉 キケマン 果実 果実はアブラナのような、マメのような、形状。
種子は…2列と呼ぶのは微妙だが、一応、中で左右にずれて不整な互い違い気味に配置されている。


花確認:
2006(F5)
2007(F3)(F4)
2008(F4)
2009(F4)
実確認:
2006(C5)
2008(C4)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。