まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ミドリハコベ

ミドリハコベ トップ
ナデシコ科
ハコベ属
Stellaria neglecta Weihe

花は5mmから6mm程度、草丈は15cmから40cm程度。コハコベと比べ大型のものが多い。また、生息場所が草地等に偏るため、全体が地を這うものよりも目につく部分が立っているものが多く見られる。
一応陽光裸地にも見られ、その場合コハコベのように葉もかなり小型で大部分が地を這って育っている。先端だけは多少立ち上がるものが多め。
草地では明るい鮮やかでいきいきした黄緑だが、陽光裸地ではコハコベと同様に、茎、葉の先端と縁、萼の一部が赤紫に染まる場合が多い。日当たり要因が大きいと思われる。
基部付近では多数分枝し、下部だけ地面に蔓延って茎の途中から斜上して先は直立する。
全体的に明るい黄緑で、コンパクトデジタルカメラではどうもそれとは異なる黄色被りをしてしまうのでそれらしい色にはなかなかならない。

全体の様子・上部の様子

ミドリハコベ 全景 ミドリハコベ 全景 ミドリハコベ 全景 この状態(標準的な姿)であれば、ミドリハコベだとすぐ判る特徴的な姿。
丈も高くすねを追い越すくらい。よく茂っていて葉もかなり大きい。

花と萼の様子

ミドリハコベ 花 ミドリハコベ 花 ミドリハコベ 花 ミドリハコベ 花の横と萼
花弁は5枚あり、2深裂するので10枚に見える。実際に萼の方が長いのだが、開き具合がコハコベよりも半開き寄りなので萼と花弁のつく位置のずれの分、よりいっそうが花弁が短く見える。また、花弁は同じ弁のペアの片ではなく隣の花弁の片とやや重なり合い混み合った雰囲気になるものが多い。コハコベでは花弁同士の隙間がやや目立ち、少しすっきりしている。
萼の縁は白い異質の部分があるがほとんど透けない。
メシベ先端は3裂。オシベは7から10程度とコハコベより基本的に多くて目立つ。(コハコベは2本から7本程度で、3本から5本が多い。)
オシベの葯はコハコベの渋めの紫よりずっと鮮やかで赤か朱色。ただし個体差もあり時期にも左右される。どちらにしろすぐ黄色い花粉が出て黄色になるので開花直後限定。
他の種類同様、オシベの基部の外位置には半透明の薄膜の蜜腺があり、風船のように膨れてつやつやしている。
萼の表面は開出した長めの軟毛が密生。長短二種生えている。

葉と茎の様子

ミドリハコベ 葉 ミドリハコベ 茎の毛 葉は卵形から長卵形で基部は下部では葉柄が長く顕著、中部からは無柄に見えるつきかたをする。または実際にほとんど無柄。葉柄の縁には軟毛が散生。
主脈側脈ともはっきりあるが、他の部分のせいか、かなりのっぺりしている。バランス上大きい上に質が薄く柔らかいのだが、垂れずに水平になっている場合が多い。
環境によるが茎を含め全草が同じ明るい黄緑色の場合が多め。ただし陽光裸地ではコハコベと同じ染まりをするものも多く見られる。
茎には帯状に白い軟毛の密生する部分が見られる。コハコベと比べ長く粗い場合が多い。

果実と種子の様子・他種との比較

ミドリハコベ 果実 ミドリハコベ 果実 ミドリハコベ 裂開した蒴果 ミドリハコベ 種子
花期に花柄を伸ばしながら花後には花柄基部辺りから極端に屈曲して下垂し、実ができていくとはっきり直立に戻る。
蒴果は卵体で先が尖り、萼よりは大きい。先から割けて種子を零す。
種子は1mmから1.2mm程度で橙色。偏平、ほぼ円形で、へそ周囲でやや角ができへそは窪む。
同心円状に多数のいぼ状の突起が生えている。突起の形状は裏表でやや傾向があり、片面はシンプルでもう片面は星型の平突起。
外周の突起はコハコベとほとんど同サイズだがより細く尖っている。
突起の違いは、肉眼でも判る。
コハコベ ミドリハコベ オランダミミナグサ 種子比較 左上がコハコベ、右上はミドリハコベ、下はそばに生えていたのでおまけのオランダミミナグサ。

赤紫の茎の群落

ミドリハコベ 赤い茎で大株 空き地他の陽光裸地での小型個体では当たり前と思われるであろう赤い茎の個体。林道脇で繁茂している大型でわっさと茂っている大型タイプでも、これだけ染まるものは別段珍しくはない。名前に惑わされないように。


花確認:
2006(F4)(F5)
2007(F2)(F3)(F4)(F5)
2008(F3)(F4)
2011(F3)(F4)
実確認:
2011(C4)

宮城県版のハコベ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。